« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017.08.29

深追い

私は本当に本当にほんっっとうに、
一生背負っていかなきゃなんないんだなって。
世界で1人だけ。こんな重くて苦しい記憶を。

コードブルーを観てると色々深く考えちゃうから困る。

私自身も中途半端に(医学知識的な意味で)賢いから、
考えれば考えるほど様々な可能性を見出してしまう。


もうあんまり考えないように…とは思っても、
そうそう簡単に思考を切り替えられるわけもなく。

最近は、本気で寝不足だ。


2017.08.24

侵蝕

8ヵ月が過ぎた今、最も厄介なものは、救急車の音。

筆舌に尽くし難い記憶と感情が渦巻く。

行き場のない力が身体中から湧き上がってどうしようもない。

大抵は運転中なため、救急車に遭遇してしまった時は、
ハンドルをガンッと殴りつけて抑制と発散をはかる。

物に当たったことなんてなかったし、
今でもその時以外はそんな八つ当たりはしない。

それくらい、心が蝕まれている。


いろいろ、本当に色々、思うところがあるのだ。
思い返せば返すほど。冷静になればなるほど。

私がもっと適切な対応をしていれば。
医療に関係なくていい、言葉掛けでも何でもできたはずだ。
普段から周りへの気遣いが足りていなかったツケがきたんだ。

救急隊員がちゃんと正確な診断を下していれば。
どうしてあの状況下で一次救急の判断に至ったのか。
二次救急以上に対応できる病院なら違ったかもしれないのに。

近所の医院での、1週間前の初診。
結果論的ではあるものの、あれは誤診だった。
あの時さらなる検査を受けていればあるいは…。

1時間断られ続けた隊員も、断った数々の病院も。
あの日あの時誰かの何かが違えば、もしかしたら、

亡くならずに済んだかもしれないのに。

……少なくとも、2時間も苦しまずに済んだのに。

どうして。


なんて、言い出したらキリがないのはわかっているけれど。
後悔や憎悪や恐怖…より、もっと曖昧で、禍々しく黒い感情。
とても処理しきれない、整理できない、大きすぎる負の感情。

ああ本当、私みたいなやつこそ怨霊になりそうだよね。


私が殺した。とは思わない。
が、私は救えなかった。

誰がどう諭しても慰めても、この事実は事実として揺るがない。

こんな十字架を背負わせた、全ての人を恨みたくなる。
記憶の続く限り、私はこれと一生向き合わなければならない。
運命論者ではない私は、自らを赦す術を持たないから。

……ということを、みんなは理解していないんだ。


次第に日の落ちる時刻が早くなってきている。
また冬が来る。

私は、押し潰されずに息をしていられるのだろうか。



2017.08.19

どんPり

山Pこと山下智久考案、「どんPり」♡(読み方は「どんぷり」笑)

茹でた(私はレンチンした)ササミをご飯の上にのせ、
ステーキソースをかけて食す。トッピングは紅生姜や卵など。
ここまでが山Pおすすめのヘルシーどんぶり。
これに湯掻いたキャベツとエリンギでアレンジを加え完成!

今日の簡単メシ(夕飯)でした。
これがなかなかに……美味………!!
本当ヘルシーだしアレンジきくし、山Pに感謝です(人 •͈ᴗ•͈)


料理を始めてから8ヵ月経つけど、上達したのを実感する瞬間は、
レシピのない(材料以外の情報がない)料理を美味しく作れた時。
レシピ通りに作るのは正直、文字が読めたら誰にでもできる。
検索したら何でもわかるこのご時世、慢心しなければ成功する。
でも、下処理や時間などの理解ありきで書かれてるものを、
調味料の分量を調節しながら作るのはそこそこに難しい。
以前からもネットで拾ってきた料理ネタを試してきたけど、
最初らへんは全然上手くいかず、結構失敗続きだった。

それがなんと、最近はアレンジも出来るほどに!
わざわざ調べ尽くさなくても味の調整までできるし、
材料さえあればそれなりのカタチにはなるから、
全然情報がなくても適当なオリジナルメニューも作れる。
少なくとも家族に出す用の簡単メシはササッと考案できるのだ。

うむ。よく頑張ってるぞ、ノロロ……(^-^)(自分で)


それともう一つ実感するのが、アイドルへののめり込み具合…笑
コードブルー効果で山Pの露出が多いのはあるんだけど、
それに増して山P熱が高まっている気がする今日この頃。
まぁ仕方ないわな…弱ってる時にこそハマるのがアイドル…。

明日も山Pを糧にがんばるのです( ;∀;)


2017.08.17

お盆

お盆最終日、むしろお盆明けの朝方と言っていいほどの時刻。
お母さんの夢を見た。


ここ1ヵ月あたりから悪夢はほとんど見なくなり、
代わりに幸せな…目覚めた時に残酷な夢を見るようになった。
特に8月に入ってからは頻繁にお母さんの夢を見ていた。


でも、いつもは何気ない日常の夢なのに、今回は違った。

『お父さんに、ノロロが心配な状態だって聞いたから、来たよ』

前後の状況はぼんやりとしか覚えていないし、
セリフも一字一句までは思い出せないけれど。
こんな感じのことを言われた。ちゃんと笑いながら。

その後しばらく話してたけど、お母さんのあれ以外の言葉も、
私自身の返答も、サイレント映画のように消えている。
ただ、幸せな時間だったことだけは覚えてる。


霊とか、死後の世界とか、宗教じみたことは信じていない。
夢占いだってそうだ。お母さんからのメッセージでも何でもない。
これは、ただの私の願望だってわかってる。

わかってるのに、妙にリアルで、すごくざわざわしていて、
なぜか科学的根拠に納得できないような、不思議な気持ちがある。


寂しい、寂しい、寂しい。
久しぶりに溢れそうになる。

夢占い的には、亡くなった人が夢に出てきた時、
さらに心配をかけるような願い事をしてはいけないのだとか。
霊障になるから、「心配しないで」って言うべき…と。


本当だよね、心配かけてごめんなさい。
……でも、心配しないで、とは、当分言えそうにないよ。


モヤッとボール

とかあったよね、昔(笑)
まぁそれはさておき。

モヤモヤするんだよなぁ。
それはもうあらゆることに……。

本当ね、過去も現在も未来も何も考えたくない。
考えることに疲れた。落ち込むのも苛立つのも疲れた。
ずっと歪なままの日々なんて、癒えるものも癒えないわ。

みなさん、褒めて甘やかして、かつ美青年を提供して…。
プライドとノロロが救われます……。


2017.08.09

思考停止

中高時代、世間で言われているような典型的な反抗期はなく、
少々擦れた時はあったものの、これといって支障はなかった。

のに、なんだろうね。
10年遅れの反抗期かな?って程に、拒絶心が強い。
いや拒んでいるというより受け入れられないって感じだけど。
突っぱねてしまう。必要以上に当ってしまう。
常に何かしらイライラしてる。気に障る対象範囲が広い。


なんか、なんか、さぁ。
私ってこんなんだったっけ。
こんなにも露骨に突き放す人だったっけ。
もう元には、以前のようには戻れないのだとしても、
なんだかどんどん嫌な自分になっている気がして辛い。

もう少しで8か月経つのに、全然「日常」にならない日々。
前までの生活をハッキリ覚えているわけではないのに、
今の生活ではストレスと違和感がずっと消えないまま。
本当、空っぽに過ごしている。


いやだ・・・いやだなぁ・・・。
外面よく立ち回れて大概は卒なくこなす秀才な自分でいたい。
たぶん、段々とメッキが剥がれていっている。
中身は壊れていることがバレてしまいそう。

塗り直すか貼り替えるか、いっそ砕いてしまいたい。


あーあ、こういう時ばっかり「会いたい」だとか。
なんて「都合のいい」・・・所詮さびしいだけなんだこの想いは。


んーーーー・・・いつにましてグチャグチャだな頭の中。
やっぱり寝不足と過労は判断能力や思考回路が停止するね。
何よりマイナス思考を助長させるから厄介極まりないわ。
いつの何が原因なのか、全くもって整理がつかない。

アハハ。無理だ。

2017.08.02

乙女心と秋の空

「恋と嘘」、今期追ってるアニメの一つ。
まぁ今のところ、なんとなく設定に穴が多そうだな、というイメージ。
制度の詳細とか全然明かされてないから本当勝手な印象だけど。
1クールアニメとして観る分には面白そう。絵も綺麗だし。


好きな相手と、そうでない人への反応の違い。
登場人物の各目線でたびたび出てくるこの描写。
不意に自分のパーソナルスペースへ踏み込まれた時の感情って、
一番、自分が相手のことをどう思っているかがわかるものだと思う。

私ももういい加減何もかもお子様なままではないし、
豊富とは言い難いものの経験値ゼロではないから、
決して、恋愛に対して鈍感なわけではないんだよね。

ただ素直じゃない。認めないから拗れてる。


たとえ完全に自覚したとしても、ブレーキが効きすぎて進めない。
結構な頻度で、「男性のことが好き」という事実が心底気持ち悪く、
「女性として扱われたい」と思う側面があることに嫌悪感がわく。

何がどうしてこんな状態に陥っているのか不明だけど、
とにかくこの気分の落差が激しいせいで躊躇してしまう。
これは何年か前からずっとそうで、恋愛下手になった原因。


なんて、あ~~~~・・・。
恋愛語りはね!恥ずかしいから普段は避けてるんだよね!!
試験課題実験集中講!やること山積みで頭沸騰してるんだな!!
結局まぁこうやって弱ってる時ばっかり無性に恋しくなるから、
私が欲しいのは「都合のいい人」だっていう結論に至るんだけど。

んー、課題やれ課題。


« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »