« カッコつけたいお年頃 | トップページ | はは »

2017.06.26

PTSD

心的外傷ストレス障害…なのではないかと、少し考えるこの頃。
もう半年も経つのに、未だに悪夢やフラッシュバックが起こる。
思い出しては無気力感脱力感に襲われて、気力喪失を繰り返す。

夢、トイレの電気、救急車の音、ハーゲンダッツ……。
本来は何でもないはずの日常が引き金となっている。


愛する人の突然の死……を、目の当たりにしたら……。
そうなってもおかしくはない?これは甘えではない?
当てはまる節は山盛りあるのだけれど、どうも認めきれない。

でも、とにかく苦しい。
囚われたくない。解放されたい。
喪失感だけではなさそうなこの苦しみから。


共有する人がいないってのが、一番困りものなのかもなぁ。
最後の言葉とか死因とか最期の様子だとか、平気で聞いてくる。
半年経った今でもそうだけど、みんな直後からずぅっとそう。
そりゃ私しか知らないんだから私に集中するのは当然だけど、
そんなことを平然と聞けるほど、みんなはわかってないってことだ。
突然倒れて救急搬送され、そのまま亡くなることがどういうことか。


オトナへの相談は、然るべき機関への切符購入のようなもの。
しかし自分で抱え込んで半年、全く消化しきれていない現状。
でも、でも、でもなぁ……怠惰や甘えの言い訳にしてるのなら、
情けなさすぎるから嫌なんだよなぁ…そう思われたくもない…。

きっとどれほど休んでも解決しないと、気付いてしまった。
さてさて、あと1ヵ月乗り切れるか……。

« カッコつけたいお年頃 | トップページ | はは »