« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017.06.30

キュウリの浅漬け

おおよそ二本分を無心で食べる深夜2時。
何故か浅漬けにハマってから、入手しては漬けて常備してある。

水木に学校行けない病かな?ってくらい起きられない。
そもそも最近の睡眠サイクルは本当に狂ってる。
1日に数時間の浅い睡眠を数回繰り返していると思えば、
12時間はまともに覚醒することができないくらい深い眠りに入る。
その深い眠りのタイミングが、水木と土日にかけて。

やばいな?笑
寝なきゃ。。。いや起きなきゃ。。。?

不平不満をグチグチ垂らしてる時より、
こうやって妙にヘラヘラふわふわしてる時の方が、
どことなく壊れてる感じがして、怖いね。

2017.06.28

ザザーン……

本当にこの気分の浮き沈みの激しさを何とかしたい。
水曜日あたりから穏やかになってくところをみると、
もしかして:課題に追われてるのがストレス なのでは??
現状とかトラウマとかももちろんツライけど、
起伏の波がある方がよっぽど疲れるんだよなぁ。


楽しいことを~しよ~よ~。
お絵描きもアニメ鑑賞もロクにできないこんな日々では、
そりゃストレス積もり積もってパンクするのも無理はない。
時間がないわけではないんだけど、常に課題課題課題……。
とても心から楽しめるような状況じゃないんだよね。

はー、ドライブも行きたいなぁ。1人じゃ寂しいかな……。
そんな遠くなくていい、バリバリの観光ツアーでなくていい、
自然や街並みの、景色のいいところをゆるっと巡りたい。


描きたい絵、観たいアニメ、行きたい場所、着たい服、
作りたいお菓子、買いたいモノ………たくさんある。

もう生きていたくないなぁとまで落ち込んでしまうけれど、
きっと、たくさん、生きていたい理由がある。
そう思える今の精神状態が愛おしすぎて泣けてくるね。
また落ちたくはない。これがキープできたらいいのに。


今年はインターン、辞めておこうかな。
のんびり過ごそう。のんびり生きよう。
結論や成果は後回しにしていいよね。
ちゃんと落ち着くまで、これ以上背負わない方が。


特に今の状況になってから結構な人に言われる言葉、
背負いすぎ、大切が多すぎ、自分が潰れちゃ元も子もない。
私は確かに、何においても取捨選択することが極端に苦手で、
それで結局すべて中途半端になったり、抱えきれず立ち止まったり。
こういう性分だから、こういう性分なのを承知の上だから、
周りに不幸にされてるなんて勝手に被害者ヅラするべきじゃない。
己のことすらまともに管理できない私が未熟なだけだ。


一度持ったモノはもう手放せないから、せめて、
これ以上抱え込もうとしないように……。

2017.06.27

レッドカード

何やってんだろう、本当に、頭おかしいんじゃないの私。

情緒不安定にも程がある。
いや、不安定というより、ずっとどん底。

周りに心配させて、当たって、迷惑かけて手間かけさせて、
全然「らしく」ない。
ついに虚勢を張ることすらできなくなったのか。
特にここ数週間で加速度的に狂ってきてる。
段々コントロールできなくなってる。

こんなんじゃだめだ。本当に、本当にだめだ。

ちゃんと謝罪と感謝を示さなきゃ。
ご飯が美味しいと思えるうちになんとかしなきゃ。
壊れかけのようで、初めて自分を怖いと感じた。
そう危険信号を感じ取れるうちに、伝えなきゃ。


1人じゃだめなんだ。

はは

これは無理でしょ。
睡眠不足続きで自律神経おかしくなっていることを考慮しても、
十二分に泣いていい案件でしょ。

意味わからない意味わからない意味わからない!!

あちらからしたらまさか泣いてるなんて思わないでしょうけど。
まぁそうですよね、思い出があるのは私とお母さんだけですもんね。
私たち以外の人からしたら当然不要なものですもんね!!

別に収納場所とかは割とどうでもいいんですよ。
お片付けVS出しっぱなしってだけだし、
そこらへんは譲歩し合えばいいかなって感じで。

でも断捨離?とか、そういうのはまた違うじゃない。
完全に自分のモノだったら構わないけど、共通のモノはさぁ。

どうして……どうしてそうなの、ねぇ、ねぇ。
理解出来ない。価値観の溝が埋まらない。


悔しくったって泣いちゃいけないんだって、
涙とともに流れちゃうから堪えるんだって、
聞いたことあるけど、そんなのむりだ。

2017.06.26

PTSD

心的外傷ストレス障害…なのではないかと、少し考えるこの頃。
もう半年も経つのに、未だに悪夢やフラッシュバックが起こる。
思い出しては無気力感脱力感に襲われて、気力喪失を繰り返す。

夢、トイレの電気、救急車の音、ハーゲンダッツ……。
本来は何でもないはずの日常が引き金となっている。


愛する人の突然の死……を、目の当たりにしたら……。
そうなってもおかしくはない?これは甘えではない?
当てはまる節は山盛りあるのだけれど、どうも認めきれない。

でも、とにかく苦しい。
囚われたくない。解放されたい。
喪失感だけではなさそうなこの苦しみから。


共有する人がいないってのが、一番困りものなのかもなぁ。
最後の言葉とか死因とか最期の様子だとか、平気で聞いてくる。
半年経った今でもそうだけど、みんな直後からずぅっとそう。
そりゃ私しか知らないんだから私に集中するのは当然だけど、
そんなことを平然と聞けるほど、みんなはわかってないってことだ。
突然倒れて救急搬送され、そのまま亡くなることがどういうことか。


オトナへの相談は、然るべき機関への切符購入のようなもの。
しかし自分で抱え込んで半年、全く消化しきれていない現状。
でも、でも、でもなぁ……怠惰や甘えの言い訳にしてるのなら、
情けなさすぎるから嫌なんだよなぁ…そう思われたくもない…。

きっとどれほど休んでも解決しないと、気付いてしまった。
さてさて、あと1ヵ月乗り切れるか……。

2017.06.24

カッコつけたいお年頃

今日ふと鏡を見てて気がついたんだけど、また髪が伸びてきたな。
ちょうど2次元のイケメン(細身美青年系)くらいになった。
白シャツ+黒インナー、ジーパン、インテリ風メガネ、
さらにファンデで肌を白く均一化すると、割と中性的。
ワックスとかで髪にアレンジを加えたらもっと調整できそうだ。

これだよこれ、今くらいの長さが心地いい。
実際の見た目がどうかはともかく、「カッコイイ」方の自分。
ショートすぎると逆に女性らしさが増しちゃうんだよね。
(私好みの)中性的な雰囲気が出るのは少し伸びた頃。
間違われたくないのが、私はあくまで中性的が好きなのであって、
決して男性になりたいわけではない。身長は欲しいけど。


中性的な男性風を装えるくらいの髪の長さの時は、比較的安定する。
なんだろうね、カッコイイめな自分に酔いしれるからかな。
まぁ単純に「好きな」自分だから自信が出てくるってことか。


最近、不機嫌や疲れを表に出しすぎたせいで、心配をかけた。
もともと黙ってるとcoolに思われるタチな上まだまだガキなので、
ある程度の漏れはお許し願いたいところなんだけど……。
んん、ダメだな、かっこ悪いよね。
ホント髪の長さで性格変わるんじゃないかってくらい、
今はとてもカッコつけたくて、イケメン風に振る舞いたい気分。


これはなんて命名されるものなのかわからんが……。
トランスジェンダーでもないし、異性愛者だし、
異性装癖でもない(男性と同じ格好をしたいわけではないため)。

ちなみにものすごく変な(黒歴史確定並の)暴露をすると、
もし仮に万が一のことがあって異性とお付き合いする際には、
中性的な男性風の男装をしていたいという性癖がある。
実は同性の友達やバイト先とかでもそう思ってはいるんだけど、
やるならやるで完璧を目指したいから実行には至っていない。
(そもそもにして今更そんなことを暴露する勇気がない笑)

まぁ何はともかく、こういう自分には少し助かっている。
やっぱりカッコよくありたいなぁと奮起できるし、
いつもより楽しく服選びやスキンケアに勤しむことができる。
ある意味、変身願望なのかもしれない。


よしよし、ちゃんと夏服買いに行くか~。笑


2017.06.23

怒り

怒り、憎しみ、もろもろ負の感情で気が狂いそうなのだ。

どうしてどうしてどうして私だけ。


両親ともに、現学生の弟だって、自由気ままな学生生活謳歌組じゃん。
実家から通える(電車で10分)範囲なのに一人暮らししたり、
サークル活動でめちゃくちゃ青春したり仲間と好き勝手したり、
ちゃんと「らしい」ことやってたじゃない。やってるじゃない。


どうして私はこんなにも背負わないといけないの。
週に2、3回は頭おかしくなりそうな悪夢に起こされて、
主婦まがいな業務と心身ともに縛られた生活送って?
ただでさえ「母」を失って押し潰されそうなのに?

ああ、本当に、ふざけないでほしい。


夢なのに、お母さんが苦しみだして、あの瞬間が蘇って、
やばいいやだしんじゃうたすけなきゃこんどこそすくわなきゃ……。
ってところで目が覚めるなんて。
こんなの、病まない方がどうかしてるでしょ。

ねぇ、あなたたちはさぞ美しい世界で生きてるんだろうね。
綺麗な最期しか見ていないものね。
この世界でたった一人、私しか見てないものね、本当の最期。


21歳、大学3年生、実家組。
こんな状況と精神状態に陥らせた人たち。
自分たちは思い切り大学生やってたくせに。
そもそもの源であるお母さんにも、家族にも。
負担とストレスばかり募らせる周囲の人々にも。


どうして、どうして私は苦しまなきゃいけないの。
同じ大学生なのに。同じなのに。同じなのに。
半年前まで私も「同じ」だったのに。

苦しい。
悲しみより怒りや憎しみに苛まれて苦しい。
どう足掻いたってお母さんが送ったような大学生活は手に入らない。

なん、なの。私だって謳歌したい。せめて綺麗な世界で生きたい。
余裕が無い。受け入れられるだけの、許せるだけの余裕が。


考えたくないことばかり考えるの。
怒りの矛先を間違えてる、というか怒ること自体おかしいって、
そんな、冷静に考えればわかようなことすら抑えられない。


もう頭お花畑でいいから、何も考えたくない。

2017.06.22

軋み

最近、明け方と昼過ぎ(or夕方)と深夜前に2時間ずつの睡眠サイクル。
累計で言えば6~7時間は寝てるんだろうけど、明らかにまずい。
その証拠に今(午前4時)とても気持ち悪い。寝ろよ私。

どうしてもソワソワして寝る気にならない時は、
部屋を暗くして、好きな声優さんの声を聴く。
落ち着くから好きだ。優しい、低い声。
ヲタクらしくそれなりに声優には詳しい方だけど、
そもそも声優に興味を持ち始めたキッカケの人だから、
色んな声を知ってからもずっと変わらず、一番安らぐ声だ。


もうなんか、ごちゃごちゃ考えるの、疲れたなぁ。
今週はほぼバイト詰めだから疲労が溜まってく一方だ。
休みたい。休みたい休みたい休みたい……。

昨日あたりから妙に股関節に痛みが走るし、
狂った生活習慣と睡眠不足で頭回らないし。
一人になれて、好き放題やれる時間と場所が欲しい。
一人じゃなくていいから、よしよししてくれる人が欲しい。


えらいよね、もういいんだよ、休んでいいんだよって。誰か言って。

2017.06.21

先輩恐怖症(笑)

えーんえーん、研究室の先輩がどうしても苦手だよーう。
特に1人、おそらく溝は埋まらないであろうお方が……。
あちら側も私に苦手意識を持ってるのが伝わってくるから余計。
お互い露骨に嫌な態度取ったりはしないけど、めっちゃ気まずい。
どうしてこうも女性の先輩と折り合いが悪いのかわからんな。

あと同期にも苦手な女の子が1人……次点で男子に1人。
同級生だから気を遣うことはないけど、ノリが合わない。


実はこの、私が研究室内で苦手としてる3人(先輩と同期2人)は、
3人とも学内の同じサークルに所属していたりする。
かなり真面目に活動するサークルで、組織体制が確立されている。
ゆえに彼女たちの結託は強く…研究室でも幅を利かせているのだ。


気が重い……ただでさえ鬱々とした日々を送っているのに、
人間関係が煩わしいし論文に追い込まれてるし梅雨だし。
まぁ、こうなるかなぁと薄々わかってはいたけど……。
研究室紹介や訪問の時点で、ここの研究室とは合わないだろうと。
理系にしては珍しく、女性の方が多い研究室。
でも研究内容より雰囲気で選択するってことに納得いかなくて、
教授の忠告(?)も振り切ってここを貫いたんだよね。
それに関して後悔はしてない、が………思ってた以上につらい。


先輩と同期が男性のみのバイトの方はリーダーになるほどできるし、
働いてて何の苦も感じないから楽しく続けられてるのに。
もう中学からずっっっっっっと思ってたことだけど、
私やっぱり女性の先輩が本当に苦手なんだなぁ……。
というか、苦手な人間に女性が多いんだよね。上下関係なく。
何でだろう、トラウマなんてないのに、女の子が怖い……(苦笑)


あーーーーー……上手くやらなきゃ……。


2017.06.20

シャットダウン

ヴヴヴ……あーも、誰にも会いたくないなり。。。
見た目、特に服の上からなんて絶対変化ないだろうに、
体重が増えたことが発覚した途端ムダに意識し始めるよね。

外観的にも情緒的にも、醜態を晒すくらいなら引きこもりたい。

はーーーーーーーー……………………。

引きこもりたい~~~~~~~~~~~。

そとあつい。みんなめんどい。つかれちゃう。
ノロロおうちで、あそびたいなり(👌・ω・)👌
心の一句。


いっそ遊べなくていいから、勉強やレポートでもいいから、
とにかく人と関わらずに過ごす日が欲しい。
他人と接する刺激は、例え悪いものでなくとも煩わしい。


まぁ完全に外の世界を遮断なんて、絶対よろしくない傾向だけど。


明日もガッコですね~……まだ深夜だけど帰りたい……。


2017.06.19

ずしっと

んー………いや、ホント、なんかダメだね?
無性にツライ。しんどい。
胸がキュッと詰まる感じの苦しさじゃなくて、
身体全体にかかる重力が増した感じ。とにかく重い。


課題やゼミに追われてるからじゃん…と言われればその通りだし、
状況に甘えて現実逃避の許しを乞うてるようにも思えてしまう。


でも、あー、もー、やだ~。

私の中の歯車が噛み合わないんですよ。
きっと、ギシギシと無理やり動かし続けていたせいで、
知らず知らず大きな歯車に小さな傷をいくつも作っていて、
とうとう、動きに「ひっかかり」が生じるほど欠けてしまったんだ。

それとも、最初から欠けていたのかもね。
他の部分もスピードダウンしてたから気づかなかっただけで、
次第に加速し始めて、いつも通りの速さに戻ろうとしたから、
欠けた歯車部分が追いつけなくなってきた……とか。


考えすぎだと、別に限界なわけではないのだと思いたい。
ここが限界だとしたらもう立ち止まるしかない。
水もタオルも用意されてない、誰も手渡してくれないから、
一歩踏み出すエネルギー補給もできずに座り込むしかない。
汗だく炎天下、熱中症になりかけのまま。

イヤだ……ここで折れたりなんかしたら、
へたり込む様子を生中継されて、野次馬に囲まれるんだ。
言い方は悪いけど結局そういうことでしょう。
心配の目も好奇の目も、私を救えないのなら大差ない。


そういや嫌な予感がして久しぶりに体重計に乗ったんだけど。
ああ、やばい……こんなに増えたのは高校以来だ……。
ここ数年変わってなかったのに、3ヵ月で+4kg。
明らかに過食、不規則すぎる生活、ストレス。
やっと世間の標準になったくらいだが私の標準ではないので、
これは絶対に落とさなければならぬ。


精神的にも物理的にも重い。笑い事ではない。
体重管理も出来ないほどブレーキが狂ってる証拠だ。

痩せるための運動と、時間を忘れられるくらいの趣味と、
余裕たっぷりにする家事料理だけの毎日を過ごしたい。
朝起きて運動して、趣味に勤しんで、昼ごはんとお買い物して、
悠々と料理を作って、また運動して、趣味に勤しんで寝る。


少なくとも講義と研究室とバイトのどれかを切ってしまいたい。
重い。歩けない。ちょっと、今の私には背負えない。


2017.06.14

補足と再考

ここ数回の記事は割と殴り書きだったので、
冷静になってじっくり見直してみたんだけど。


同年代の「母親」(特に親戚)を見てイラついたりとか、
年上なのに母親がいる人に対して不快感を持ったりは、
まぁ完全にお門違いにも程がある八つ当たりですよ。
どうか今だけは許してくださいって感じなんです。


でも孫や子供、ましてや実母(存命)の話をしてくるのはさぁ?
やっぱり何度考え直してもおかしいじゃん………????


例えば、のお話。
事故や病気で突然、足の切断を余儀なくされた人がいるとする。
もちろん望まずしてなった結果で、もう二度と元には戻らない。
そんな、車イス生活を送り始めたばかりの当人に対して、

「可哀想ねぇ気の毒ねぇ。そう言えば聞いてちょうだい。
私この前2kmマラソンに参加してきたんだけど、楽しかったわ~。
車とかじゃなくて、自分の足を動かすのはやっぱり最高ね!」

なんて言ったらさぁ、誰がどう聞いても無神経でしょ。
一歩間違えなくても嫌味だよ。言葉の刃物だよ。

それと同じようなことじゃないの?
本人のいないところでならどうぞご自由にだけど、
わざわざ本人に向けて楽しげに自慢するのって変じゃない?

それとも私、とんでもなく的外れなこと言ってます?
病人になら配慮するけど、遺族には構わないって?
親が先に亡くなるのは自然の摂理だから気にしなくていいって?
ねぇ、そんなわけないじゃないですか。


どうしてそんなことにも気がつけないのよ。
どうしてこちら側の気持ちを汲むことができないのよ。
それを聞かされた私がどう思うか考えないの?
それを話して、私にどういう反応して欲しいの?


全く理解できない………。
以前より親戚や身内の無神経さにはイライラさせられてきたが、
これに関しては本当に、ストレスでは済まされないほど傷つく。

頼むからそっとしておいてくれ。
今だからってのもあるけど、基本的には家族しか許容できないんだ。

2017.06.13

純黒のノロロ

一つ前の記事よりもっと理不尽な嫌悪感をぶつけると、
今、お母さんより年上の「母親」を見るのが心底嫌だ。
全くの他人に対してはまぁ羨ましいなぁ程度だけど、
こと親戚や身内に対しては顕著に妬ましい。関わりたくない。

稚拙なことは十分理解している。
が、どうしても、どうしても穏やかな態度が取れない。

特に私とお母さんの年代にピッタリ世代が母娘で訪問してくると、
割と本気で「は?嫌がらせ?」とドス黒い気持ちになっている。

私より随分年上もしくは私の親世代以上なのに、
まだ自分の親が健在でどこか甘えてる人も対象。

孫の様子をなぜか私に向けて自慢してくる人も然り。
最近子供にしてもらったことを報告してくる人も然り。


ねぇ、それ、私に言う必要ある?

私はもうお母さんに孝行どころか会うことすらできないし、
お母さんだって私たちのことも孫の顔ももう見れないんだぞ。

そんな話、ママ同士ババ同士しててよ。

そんな想いがグルグルする。
正直、いつか誰かに爆発するような気がする。


でもこれに関しては申し訳ないとは思わないね!!
私の話なんてろくに聞こうともせずに、
よりによって私を傷つける自慢話ばっかり押し付ける、
そんな人たちに非がある。少なくとも私とは合わない。


も~~~~、嫌な記事ばっかり書いてごめんなさいね。
こういう本音を言えるお母さんがもういないから、
こんなところで密かに吐露するしかなくなってるんです。


なんでこんなにも暗く黒い気持ちで大学生活送らなきゃなんないの。
世界が恨めしいわ。


中傷

お母さんがいなくなった途端、近づいてくる人達。
急に馴れ馴れしく世話焼きに来たり差し入れしてきたり?

世間的には「厚意」なのだろうが、とても癪に障る。


以前から親しくしてて、お母さんがいる時でも交流があれば、
そこまで気に障ることはない。そんな人はいないけども。


お母さんがいなくなったことで日常が急変した家族はいい。
そもそも『家族』だから交流が嫌だとかそういうレベルじゃない。
でもそれ以外の他人。遠い親戚だろうが近い身内だろうが他人。
他人はダメ。常識とか知らないけど私がダメだから我が家はダメ。


お母さんがいなくて大変だろうから、ってのは、わかってるよ。
そうだよ大変だよ。狂った生活と精神状態で毎日過ごしてるよ。
本当に大変だけどだからといってアナタたちの手はいらない。
代わりどころか足しにもならない。
お母さんの空白を埋めることなんてできない!!!!



………わかってるんだよ…………。
みなさん、嫌がらせしてるわけじゃないんだから、
少なからず私のことを案じて助けようとしてくれてるんだって。
代わりになるつもりで声を掛けてくれてるわけじゃないって。
わかってる。ちゃんと、わかってるの。


気持ちの整理がついてないから。
諸々を受け入れられるほど落ち着けてないから。


突っぱねて、ごめんなさい。
きっと来なくなったら寂しいんです。
でも今はまだ、素直に受け取ることができないんです。


八つ当たりは諸刃の剣だ。
回復不可能な域まで傷を深く抉る前に、なんとか……。

2017.06.12

6月病

完全なるそれですわ。
まぁ休日で昼夜逆転&絶賛寝不足中だからってのもあるけど。
それでもさすがに2週間目となるとこれは心の問題。


今までの教訓からね、漠然とでもしんどさを感じてる時に、
根性論で「私は頑張れる」なんて思わなくなったんですよ。
あ、これ無理なヤツ~って、認めてあげることができる。

…………が、実際に休めるかどうかは別のお話で。

社会人と違って有給がない、中高生よりも配慮がない、
休んだら休んだ分だけ余計首を絞める大学の単位取得。
この1週間くらいまるっと休んだってまだセーフだけど……、
今後不慮の出来事が発生した場合に出席が足りなくなってしまう。
一番困るのは研究室。人間関係的な点でね。
入ったばっかりの新人だし、拗らせないようにしたい。

もちろん社会人や中高生より自由な身ではあるんだけど、
自由な分だけ代償が大きく、自力で補わなければならない。


しかし今最も急を要する問題は、寝付けないことですよ。
実は現在、朝の7時なんですよね?どうもオールナイトです。
深夜前にうたた寝しちゃったから5時過ぎまで課題やってて……、
までは良いとしても、それから1時間はベッドにいるはず。

ただ興奮状態で目が冴えてるだけならともかく、理由が、ね。


何故か分からないけれど、ループして仕方が無い。
あの日のこと。あの地獄の2時間の出来事を。
119番した時、救急車の中にいる時、病院到着の時……。
何度も何度も思い返したせいで、完全に定着した記憶。
まるで実録映像を見ているかのように鮮明なノンフィクション。

本当に本当に、消し去ってしまいたい。
こんな最期を残して……なんてことしてくれたんだ……!
と、怒りさえわきあがってくるほどに苦しい。
ガラにも無く、これはもしや罰なのか?とか(何のだよ)。


何でもいいから、いや全然良くないけど、寝かせてください。


2017.06.10

パーフェクトワールド

という漫画。障害者との恋を描く物語。
脊髄損傷による車イス生活の彼と、健常者の彼女。
脳内お花畑系の恋愛漫画もまぁ気休め(?)に読むけど、
こういう現実的な話の方がずっと好きだし、グッとくる。

事故で不自由になった作中の彼とは状況も状態も全然違うけど、
私も足に時限式爆弾を抱えている身なため…少し共感する。


高1の時はなんの苦もなく楽しくボウリングができたのに、
高3の時には完投後まともに歩けなくなるほど痛みが出た。
あれ以来、怖くてボウリングができなくなってしまった。
昔は何ともなかったことが、次第に障害を伴うようになっていく。
そして遅かれ早かれ訪れるいつか、私の足は耐えられなくなる。
きっと、今では到底想像し得ないほど、不自由になっていく。
そんな未来に付き合わさなければならない。
人間、いつ病気や事故に遭うやもしれないとはいえ、
始まる前から負担が約束されていると、躊躇する……私が。

荷物を持って長時間歩いたとか、変な姿勢を取ってしまったとか。
今はまだ、たまにしか思い出さなくていいほどにしか痛まない。
でも逆にね、今の時点でもう「こんな」なんだよ。
全くの健常者とは違って、何かしらの障害があるんだ。
それに寄り添ってくれない人なんて切り捨てておしまい……、
なんて、そんな簡単で当たり前のことでは済まなくて。

好きな人になら負担をかけられてもいいとは思えても、
好きな人になら負担をかけてもいいとは割り切れない。
……少なくとも、一方的なのはいただけないでしょ。


″進行する不治の病″、臼蓋形成不全。
何度か話題に出してはいるものの、私自身にも未知数なもので。
それでもボウリングの時の衝撃と絶望だけはずっと忘れられなくて。
何も不安に思うことなく思い切り身体を動かすことができたらと、
ゴリッという嫌な痛みの感覚がない生活を送ることができたらと、
勝手に卑屈になって、必要以上に身構えてしまう。

別にハンデを抱えながらも謳歌してる人なんてたくさんいるし、
出来ることに目を向けたら絶対世界は広がる…とは理解していても、
痛みが走った瞬間はまぁ素直に世界を羨むよね…(苦笑)


お分かりかもしれないが、身体的な問題だけじゃない。
こういう精神的な面まで受け入れてくれないと無理だ。
あとイケメンじゃないと……ってのは、冗談半分だけど(半分?笑)。


なかなかハードルが高いんです。
あぁ、ボウリングに行きたいなぁ……。

2017.06.09

えらいえらい

今日は行きました。ふふん。
誰も褒めてくれない(当たり前)から自分で褒めますえらいぞ私。

中間テストを乗り切り、プレゼミに参加。
いやぁ、私の英語力が輝きまくったね!!!
たぶん文法力で言えば研究室内でトップレベルだわ。
うちの研究室は超人気どころだからエリート集団なのに。
さすが旧帝大クラスですね!!英語に関しては!!
1年間河合塾名大理系plusで鍛え上げただけはある!
長文読解、英文の構造理解、英作文までお手の物~(^-^)/
腐っても鯛とはまさにこのこと。


研究室も、ぶっちゃけ苦手な先輩1人だけがネックなのであって、
それ以外は特に問題なく、割と楽しく過ごせるんだなぁと。
今日はその先輩がいなかったから妙に心の平穏が保たれた。
良い人だろうけどね…物言いのキツイ人は性別年齢関係なく苦手。


さーて明日は全休(本物)だ!
休講なだけの、おそらく前期中に一度しかない貴重な全休!
もう2か月前からどこか出かける気満々だったけど、
結局当日になっちゃったよね!やっぱり引きこもりかな!

まぁいいや、相変わらず課題山積みだし。のんびり過ごそう。

2017.06.08

ろろろ。。。

全休(ではない)2日目。
明日は行きます。絶対行きます。中間テストだし。


あぁ、なんだろうね、バイトやってて良かった。
生徒さんの頑張りや成果を私の指導の賜物としてくれるなんて、
「先生のおかげ」と言われるなんて、思ってもなかったから。
もうタイミングもドンピシャすぎてめちゃくちゃ心にきた。


今朝見た夢がもうメンタルをどん底に突き落とす系で、
勢い余って連続引きこもりを決行しちゃったけれど、
明日は大学行けそう……と思えるくらい、嬉しかった。

ありがとうございます。先生、頑張るね。

2017.06.07

続・オーバーフロー

今日は思い切って授業全部ぶっち、全休決め込んでしまった。
まぁ私が休んだところで誰も知り得ないし何も影響しない。
……はずだったが、運悪くプレゼン発表の日だったらしく、
グループメンバーに多大なるご迷惑をお掛けした。
でもそんなこと知らなーい。もういいや、自分が良ければ。


寝たのは朝7時、起きたのは昼の11時半頃。
そこから何も口にしないまま5時半までレゴで遊び呆け、
ふらっと火曜特売へ行き、図書館に本を返却しに行き、
何事もなかったかのようにお風呂を沸かしてご飯を食べた。

うん、何もしなかったな。
レゴってのが割とヤバイ気はする。幼児退行かよ。


何の解決にもなってないんだけどねぇ………。
目を背けたいことを先延ばしにしただけで、消したわけじゃない。
結局また苦しい思いをするから、ズルズルと悪循環が続く。


一度立ち止まってしまうと、二度と走り出せない気がする。
いつかに綴ったこれは、今まさに現実として襲いかかっている。
もう踏み出したくない……明日も休みたい……逃げ出したい……。
抑うつなのか休み癖がついたのか判断しかねるけれど、
何にせよよろしくない精神状態であることに変わりない。
抑うつって言ってもこれはたぶん世間一般の定義とは違うし、
私が他に適当な言葉を知らないからそう呼んでるだけであって、
実際には休み癖と大差ないただの気落ちなんだろうけど。


まぁ課題以外の原因の一つに、研究室もあるからなぁ。
高校卒業後3年間ずっと個人としてふらふらしてたから、
少数集団に所属して仲良し小好しするのが正直とても億劫だ。
特にうちの研究室はワイワイ仲良くが強制される雰囲気で、
一匹狼には馴染みにくいかも、と入る前から忠告を受けるほど。
ゼミおよびプレゼミで研究室の人たちと会うのは本当に疲れる。
研究室の行事があるたびに気が重くて仕方が無いんだ。
(ついでに苦手な先輩(一つ上の女性)がいるせい(苦笑))


立ち止まり続けて、逃げ道に逸れたら……。
課題は何とかなる。サイアク単位落とすだけだから。
でも人間関係の方はどう足掻いたって切れない。
どちらかと言うと可愛がられているからこそ面倒だし、
手一杯の時には他人との関わりを断ちたいのが習性だし、
色々悪いタイミングが重なって詰み状態にあるのに。


うふふふふ………明日は行かなきゃ………あー、無理無理…………。


2017.06.06

オーバーフロー

午前5時だよばかやろーう。


あー……3年生になってから、課題に対して不真面目すぎる。
別に2年生までもバリバリこなしてた訳ではないんだけど、
どれほど遅くとも期限内にはちゃんと提出してたわけ。
間違っても未提出のまま終わらせたりはしなかったわけ。

それがどうしたよ、今期。
課題提出率(期限内)30%にも満たないんじゃないの。
未提出のまま放置してるのもあるし、本当嫌になる。

正直ね、2年生の時よりヤバイのよ、提出しないと。
課題点が高い(というか試験の配分が少ない)から点数足りない。
このままじゃ落とす。よほどeasyなテストか再試でもない限りは。


ねーえー、本当にどうしちゃったの~………。
自分で言うのもなんだけど私ってクソ真面目さんだったんだよ。
中高生の時から宿題はめちゃくちゃ取り組んできたんだよ。
期限日までに宿題終わらなくても平気な人達の方が謎なほど。
怒られるとか評価が下がるとかそういう外因的なものではなく、
ただ単純に、「課題はやって当然」と思ってきたのに。


文句を言いながらも、弱音を吐きながらも、
何だかんだ当たり前に課題はクリアしてきた。
なのに最近、課題にちゃんと取り組めないどころか、
もう別に提出なんてどうでもいいと思っている節がある。
もちろんどうでもいいわけないし、そんなことは理解してる。
でも、こう、一言で言い表すなら無気力?諦め?失意?
とにかく手に付かない。一文字打つことすらできない。


実はこれ、すっごくデジャヴを感じるんだよなぁ……。
浪人時代の受験勉強みたい……どうしても向き合えない症候群。
「やらなければならない」なんてわかりきってるのに、
「やらなければならない」ことが全く手に付かない。
さらに厄介なのが、いっそどうとでもなれと投げやりになるところ。

つまり、私の中での抑うつ状態だ。

環境が環境だけに今まで認めようとしてこなかったけど、
こうもズルズル長引くと、もう観念するしかないよね。
うつ病……というには当てはまらない項目が多いから、
そこまで仰々しいものではないんだけど。身体は健康だもの。

どうするかなぁ……浪人時代のやつは自覚できなかったから、
ひたすら自分はもっとやれるはずなのにと思いつめて追い込んで、
時の流れに身を任せた結果完治(?)に2年くらいかけたわけだが。
うーん、毎晩ほぼわけもわからず泣いてたあの頃よりはマシか…?
いや現に支障出てるからマシも何もないんですけどね?


どうしようかなぁ、どうしようかなぁ。
休んだって何の解決にもならないんだよなぁ。
そりゃ休暇中何も考えず過ごせたら少しは回復するだろうけど、
それによって生じる弊害が半端なく大きいから気休めにすらならない。
というかそもそもプライドエベレストな私には向いてない。
だからといってこのまま放っておいたら悪化する一方な気も……。

まぁ認めてあげたことで幾分かラクにはなったけれど、
私が自覚しただけでは周りに伝わらないから配慮がない。
しかし配慮してもらったところで現状は改善しない。

……………無理だ……打開策が見つからない……。
せめてギリでいいから単位が取れることに賭けるしか……。
んんんんんんん、きつい………………。

かーだーいー。お願いだから向き合ってよ、私。
なんて叱咤激励で頑張れてたら苦労しないっての。



2017.06.05

狂った世界

助けてほしい、救ってほしい…って想いが渦巻くのは、
周りに助けてくれる人が全くいないからではない。
ただ、「助けて」と自ら声を上げなければ、助けてもらえないだけ。
こちらから救いを求めない限り、手を差し伸べられることはない。
心配してくれて、受け入れてくれて、包み込んでくれる。
そういった母親の愛を強く欲するせいだ。


私は「ちゃんと」生きているのか。
時々、妙に不安になる時がある。

何の変哲もない毎日を、特に代わり映えもなく過ごしている。
周りにはいつも通り接して、私は私を保ったまま生きている。
………つもりだけれど、これは創り出した世界だったりしないのか。
ものすごくフィルターのかかった世界になってやしないか。
本当の現実では、私はとても狂っておかしくなっていて、
それでも周りが気遣って何事もないように振舞ってくれているか、
もしくは私の妄想の産物の世界でみんなを創り出しているか。

多重人格のように、現実世界を生きる自分を守るため、
多重に世界を創り出して、もう1人の自分として生活している。
もしかしたら本当は、もっと耐えられないことが、
現実世界から逃避しなければ生きていけないほどのことが、
私の身に起こっているのではないか……なんて。


馬鹿な夢や、ぼうっとしている時に陥る思考に囚われるたび、
私はまだこの現実を受け止めきれてないのでは…と思ってしまう。

お母さんがいる、なんて設定の世界で生きていないだけ、
まだマシな精神状態をしているのだろうけども。


私は本当に、「ちゃんと」した現実を生きていますか。
助けを乞うことができるのなら、そう聞いてみたい。

まぁ、返ってくる答えさえも、私の空想世界の1つだったりしてね。






« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »