« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017.03.30

限界

結局、どんな聖人君主も他人の気持ちなんてわからないんだよなぁ。
と思うと、もう誰にも話す気がなくなる。

ガス抜きに利用させていただいたバイト先の子も、
高校の親友も、全ての事情を知る家族すらも、所詮他人事。


もう色々相まって限界。
悲しみに暮れているわけではなくて、この環境や状況に。
みんなみんな自分の都合で勝手に決めてくれやがって。
実生活を送る上でのダメージ、私が一番大きいことなんて明白。
そこをさらにコロコロ変えるわ私の意思は考慮しないわで、
本当に、ほんっとうに爆発しそう。
いい加減にしろよ。とか、いつか口走りそうで怖い。


はー……どれだけもう無理だ壊れそうと思っても、
壊れることも、壊れそうな素振りをすることすらもできない。
じゃぁまだ限界ではないのでは?と思われるだろうけど、
限界だよ。もう限界にしたいよ。
そもそもどうして私が限界まで我慢しなきゃならないの。
私だって、身に余る不幸を背負ったはずなのに。


自分本位で感情的になれる人が羨ましい。
素直に怒ったりイラつきをぶつけたりしたい。
思うがままに縋って助けを求めたりしたい。

とても残念なことに、私はそういうのが苦手だ。
自己犠牲とは思わないけど、調和を乱すことはできない。
私の歯車が軋んでる時点で、美しいハーモニーではないのに。
爆発どころか少し火花を散らしたくらいで後悔の嵐。
ハハ、やってらんないね。


ここではこれだけ悲劇のヒロイン気取ってるくせに、
現実世界では同情されるのが嫌で平静を装うとか。

不器用すぎ。



2017.03.28

MOTTO

backnumberの楽曲「MOTTO」。
こういう歌詞とテンポの曲が結構ツボ。
1曲延々リピートするタイプのハマり方。


たぶんある種の憧れなんだろうなぁと思う。
『怖気付いた? なら君に用はないわ』
なんてサラッと言えたらカッコイイなー!って感じ。

別に誘惑したいとか振り回したいとかじゃないんだけど、
こう、孤高な雰囲気が?哀愁を漂わせつつ気丈な気性が?
とにかく、本当は余裕ではなく必死に求めているのに、
相手に対して優位に見える(振る舞う)ところが?かな?
まぁそこは解釈の違いもあるだろうから、あくまで個人的見解。


でも現実ではこういう、言ってしまえば上からな態度より、
ストレートに想いを伝えたり素直に頼ったりできる子がいいんだろうな。
いや、そりゃまぁ当たり前というか私もその方が好きですが(笑)
もちろん限度はあるけどね。素直さも程々がいいかも。


「ほら、こんな哀れな私に気が付いてよ」
って、そんな回りくどくて受身な姿勢じゃ、ダメなんだよね。
歌の中ではそれで構わないし、私は好きだけど。
愛してほしいなら、助けてほしいなら、こっちを向いてほしいなら、
そう相手に言わないと…腕を掴みにいかないと。


………いけないんだけどさぁ…………(まず相手がいない)。
心の中がバロメーターとして見えたらいいのに。
脳内物質の分泌量とか心拍数とかを計測、データ化して、
相手に対する自分の気持ちを測定できたりしないのかね。
ソシャゲの親密度みたいにわかりやすく、
ある一定以上を超えたら親愛イベントが起きます~って。


『もっともっと 私を知って欲しいんだって』
自分が今一番頼るべき、親密度高めな人物は誰でしょう。


2017.03.25

理想のスタート

バイト……祝・リーダー昇格決定!!
おめでとう私!よく頑張った!2年間の努力!
デスクワークのリーダー…素晴らしすぎる。まさに理想。

さらに、この春から新しく始める家庭教師のバイトも決定!
面接を終え、来週から生徒さんを受け持つことに…!
とうとう教職の授業以外でも「先生」になるんだな。


高校の時からずっと追い続けた分野の研究室に入ることができて、
2年間ずっと努力し続けてきたバイト先でリーダーに抜擢されて、
教職スキル向上のための家庭教師も上手く事が運ばれている。
念願のトマト研究を引き継ぐべく研究室へ通う毎日、
出席回数の多い私は必然的に先輩たちとそこそこ仲良くなり、
大好きな教授にもきちんと認識されつつある。

本当に思い通り。
ここ数年の努力が実を結んで、怒涛の成果祭り。
暗闇に閉じこもってかなりを無駄にしていた1年生も、
少し殻を割ったものの冴えずパッとしなかった2年生も、
なんだか全て嘘のように幸せな、3年生の幕開け。
そうそう、今年中に目標の金額も貯まりそうだよ。


ああ、「こんなにも順調」。


なのに。


喜びが大きければ大きいほど、全身に絡みつく鎖。
ふわふわと飛んでいきたいのに、とんだ足枷だな。

研究室配属やリーダー昇格をどれほど私が切望していたか……。
一番知っている人に、一番喜びを分かち合いたい人に、
一番自分の成長を見せたいと思う人には、一つも届かなかった。
あの日からたったの数ヶ月間で、こんなにも吉報の雨なのに。
やっと、やっとなのに。


まだ、同じくらい喜んでくれる人が周りにいたのなら良かった。
でもそれには、私が同じくらい過程を話している必要があるし、
そもそもお母さんと同じくらいなんてこの世に存在しない。
それは誰にとっても同じだと思うんだ。
「お母さん」を失っていないアナタにはわからないでしょうね。
だから、アナタには代わりどころか補強すら務まらないのよ。

自分で自分をお祝いしてあげなきゃ祝福もない。
まぁ、それでも、たとえ私の望む喜びより何倍も小さくでも、
賛辞をくれる人が残っているだけ、いいのかもしれないけれど。


さて……今夜は私のお祝いパーティー(企画・進行:ノロロ)。
自分で準備して勝手に周りを巻き込んで、完全自己満足の会。
それくらい許してくれてもいいでしょう。
それくらい私は今、嬉しい気持ちになりたいんだから。


2017.03.17

綻び

……アプリが落ちた。記事を書いてたのに。
しかも結構長めの。まぁだから落ちたんだろうけど。


もう書き直す気力も起きないけど、安定の暗い内容。
簡単に言えば、また波が来そうで怖いなというお話。


助けて、壊れそうだ、会いたい。
そんなこと思いながら書いてた。

あの勢いのまま記事として完成させていたら、
きっと今の不安定な精神にさらに負荷をかけてたね。
ちょっと落ち着いたよ。鎮められたって感じだけど。

神も仏も全く信仰してないし、むしろ鼻で笑ってるけれど、
こういう時だけ都合よく、なんとなく、

守られてるんじゃないかなと
救ってくれたんじゃないかなと

そんなことをふと思ったり。
もちろん、ただの偶然(苦笑)


ただ、私は私が思っているよりだいぶ大丈夫ではないらしく、
まだまだ自分の防衛本能がフル活動していることを思い知った。

落ち着いた…なんて、一時的な鎮痛剤に過ぎない。
脳はどこまで私を騙していてくれるんだろう。
まだ。まだ、バラしちゃダメだ。

ほら寝よう。
起きたらまた明日から、頼れるお姉さんになれるよ。


2017.03.16

解放

少し最近、まいることが多すぎて、塞ぎ込みがちで。
ついに若干八つ当たりに近いことをしてしまったので、
解放第二弾を執り行うことにしました。


私が勝手に親友と呼んでいる子。
あちらにとって私がどの位置にいるのかはわからないけど(苦笑)。
ちょうどその子とは来週1日遊びに行く予定だったし、
鬱々と隠しながら出掛けるより、打ち明けた方がいいかなと。

私がその子のことを親友と呼ばせていただいているのには、
青春を共にしたとかそういう理由だけではなくて、
その子といると溶かされるような気持ちになるからというのがある。
基本的に頑固で意地っ張りで強がりな私だけれど、
その子と話してると絆されていく気がするんだよね。
もちろんいい意味で。柔らかくしてくれる。
マジで天使さんかな?と、いつも和ませてもらってる(笑)
純粋…というと少し違うなぁ。本人もそれは不服らしいし。
私からすると、とにかく優しく包み込んでくれる子。


実は…というほどでもないんだけれど、
先週本っ当に気分落ちてたせいで、全LINE既読無視状態(^-^;
その中には親友ちゃんも含まれていまして……。
今日、1週間をおいてやっと返信。

ものすごく深刻な雰囲気のLINEを送ったわけではないのに、
何を察してくれたのか、ものすごく心配してくれて。
急だったのに、その子は学校もあって結構忙しいのに、
すぐ予定を空けて約束を取り付けてくれて。

あぁ、なんか、本当にね。
友達でいてくれてありがとうって気持ちになる。


だからこそ、君には話したくないと思ってたんだけど。
でも友達に話すなら、君が最初だとは思ってたんだ。


身近な人に打ち明け始めると、色々と決壊しそうで嫌だった。
とうとう縛りを解き放ってしまう瞬間が、数日後に。
願わくは、君が最初で最後とならんことを。


2017.03.14

世界一の手先

突然でしかも何だコイツって感じだろうけど、
私は私の手がめちゃくちゃ好きだ。今のところ世界一。
主に肘から先の部分…特に手首と指がね。

適度に肉付きのある細さの腕と、少し骨ばった手首。
反ると手の甲に骨が浮き出るほど薄く、指はスラッと細長い。
自分で言うのも本当にアレだけれど、私の好み。
いや世間的に見ても美しい手の部類だとは思う。
たぶん身体の中では一番褒められてきた部位なんじゃないかな。

男性のように骨皮筋肉ゴツゴツではなく、
女性のようにかわいくふにふにでもない、
とても中性的な手先。綺麗だ。
うーん、特に手フェチってわけではないはずだけど……。
いやでも結構キレイな手先にはつい目が引かれちゃうし、
自分が思ってるよりポイント高いのかもしれないね。


が、最近指先によく傷をつくる。
原因はまぁ料理ですわ。慣れてきた頃が危ない。
そんな血が止まらないほどの怪我ではないんだけど、
指先の切り傷って地味に痛いしかなり不便だから困る。
しかも今日は器具ではなく自分の爪でやっちゃったからね。
短く切ってはあったんだけど、指先に力を込めてたからプチ惨事。
これはしばらくバンソウコウ生活が続きそうだ……。


でもまた困ったことに、傷を負った手も好きなんだなぁ。
手だけね。他だったら血や傷口なんて見たくもないっすわ。
もちろん傷なし綺麗が一番に決まってるんだけど、
指先に切り傷があるとつい眺めてしまったり。
手が怪我をしているという事実だけでもちょっとウキウキしたり。
…………………変態では…………………??(^-^;

痛いけどな!!!!泣


あー、負傷中の指先も見目麗しいけど、
水回りの作業がツラすぎるから早く治って~。


2017.03.12

詰みゲー

ふー……なんかこう、全てがどうでもよくなる時あるじゃないですか。


研究室の同期…まだまだお互い手探り状態で、実に息苦しい。
春休み中にもちょっと研究のお手伝いをすることになって、
できるだけ毎日誰かしら顔を出すことになったはいいものの。
私が一番ヒマ…というか、こんな近いとこ住んでたらさぁ?
1日のうちほんの30分も空けられないなんてことそうないじゃん。
言い逃れできないからほぼ毎日行くことになりそう。
もうそれならそれでいっそ全部任せてくれって感じ…。
中途半端にみんなで~とか話し合い~とかが果てしなく面倒。


ノロロちゃんがいないと…って、そっちから誘ってきたくせに、
他の人が誘ってくれたから行くことになった…??
だから私との予定はキャンセルしますだと???
正直言っていいですか。ふざけんなよ。
赤の他人ならまだしも、あなたは知ってるでしょう。
知ってるどころか身内でしょう。そういうとこ本当に無理。
本当は乗り気じゃなかった時も散々付き合ってきたけど、
もう今後はお断りしてもいいってことだよね?ねぇ?
ただでさえ私自身がボロボロな上に家守、家族のケア、
さらにはあなたの要求をのむことも背負ってきたんだけども。
マジでなんなの。私のことなんだと思ってんの。
私だって本当はなぁ!!自分のこと世話するだけで!!
精一杯なんだよ!!!!!…なんて言えないから、ひたすら心労。


もーーーーー知らないよーーーーーーー。
起きて洗濯回して献立考えて買い物行って乾燥機回して料理して、
夕食後は何をするでもないのに午前4時までダーラダラ。
だから、生活リズムの違う人とはなかなかやりづらいんだ。
これはお母さんと2人だった時から思ってはいたけど……。
私が少数派の、朝方寝て昼起きるタイプなせいで、
誰かと暮らす=多数派に合わせるということになる。
そうすると何が問題かって、何も出来ない時間が長い。
あちらに合わせると夜に動けないからね。起きてるのに。
暇の極み…アニメ観るかゲームするかしかないぞ…。
(昼夜逆転を直せって感じですな……( ¨̮ )オダマリ)
まぁそれ以外も小さいところがいちいちストレスになる…。
パーッとストレス発散できるような趣味がないのが恨めしい。


頼むから、私を一人にして。
お願いだから、誰か私に手を差し伸べて。

一人になりたい。誰かと関わりたい。


よくわからない…あの日とは別の意味で心が締め付けられてる感覚。

全部忘れてナガシマスパーランド行きたい。嵐乗りたい。
しかしぼっち遊園地はさすがに挑戦しづらい。
周りの目とかじゃなくて単純に虚しいしつまらない。
つまり現状詰みゲーっすね ╮(´・ᴗ・` )╭


2017.03.11

3月10日

もう日付変わって11日だけど。
今日は研究室説明のあと、高校いつメンとの飲み会。
久しぶりに頭痛くなるほど飲んで若干後悔(笑)
千鳥足ってのを初めて体験した。少しふらっとしてびっくり。
私はアルコール入ると酔わないわりにすぐ顔赤くなるから、
普段の飲み会では「お酒あまり得意じゃなくて」で通すんだけどね。
あのメンツには私がお酒そこそこ強いことバレてるせいで、
「いやちょっと…」が通用しない。普通に酔わせようとしてくる。
まぁもちろん強制じゃなく、あくまで自分で飲んだ結果ですが。


もう何年も前になるけれど、3月10日は高校の合格発表日だった。
ずっと忘れずにいる、私にとって特別な日。
たぶんあの高校への合格は、私の今までの人生の中で、
自ら勝ち取った一番大きな栄光。
甘いものも苦いものも、たくさんの青春時代を与えてくれた。
今日は、そんな物語の『はじめに』の日。
そんな日に高校時代の仲間と飲み会なんて、
偶然だけどちょっと感慨深いものがあるよね。


あのメンツにも、今の家庭事情は伝えていない。
まぁ、話すとなると膨大で面倒ってのも理由の一つ。
ここには私の心情(ほぼ愚痴と弱音)しか書いてないけど、
リアル事情はもうちょっと複雑なことになってるから。

でもそれより、あのメンツにはいつも通りでいてほしいから。
変わらず接してほしい。変わらず笑わせてほしい。
もちろん彼らが支えてくれたらどれほど心強いか…とは思うけど、
だからこそ、打ち明けてしまえばものすごく心配させてしまう。
そうじゃなくて、今までと同じようにくだらない話をして、
みんなといる時は痛みを忘れてしまえるような、
そんな場所のままにしておきたい。
本音で語り合えない間柄…というわけではなくて、
それだけ私にとって心安らぐ居場所で、大切な仲間ということ。


ありがとう、笑顔をくれて。
3月10日にまた、新しい思い出です。

2017.03.10

後悔ご飯

私の唯一できる料理がまだ雑炊だった頃。
基本的にお母さんがいない時にしか作ってなかったけど、
一度だけ夜食か何かに作ったことがある。
鍋に水を入れて沸騰させて、ご飯と雑炊の素をぶち込んで、
仕上げに適当に卵を入れるだけの工程。
それなのにお母さんは、ノロロが料理してる!と妙に嬉しそうだった。
ノロロが台所で火を使ってるところなんて初めて見たかも…って。

お母さんは私に、料理を強制しなかった。
私自身も別に料理なんてできなくていいと思っていたから、
何も考えず、お母さんだけが料理をする状況に甘んじていた。
だから、雑炊ごときであんなに喜ぶ理由がわからなかった。

こうなるまでは。


子供の手作りを食べられることが、親にとってどういうことなのか。
少し考えればわかったことなのに。
弟が手料理を振舞った時の様子でわかっていたはずなのに。
料理が必要だからとか、そういうことだけじゃない。
私の料理を食べてみたかったんだ。
雑炊ごときでとか、料理の難易度なんて関係ない。
私が料理をしていることに感動してたんだ。


言い訳ばかりして、ずっと避けてきた。
後悔を、しいて一つに絞るなら……確実に料理だ。

私はこの3ヶ月間ほぼ毎日台所に立って何かしら作っている。
もう何を作ってきたかなんて覚えていないほどには。
しかし当然の如くそれらは全て、お母さんがいなくなってから。
ノロロ'sキッチンのお客様の中に、お母さんはいない。


お母さんのオリジナルレシピがわからないことも後悔の一つ。
でもそれは、もういい。良くはないけど、いいんだ。
今まで探究してなんとなく再現できたものもあるし、
そもそもいつまでも縋っていてはいけないのだとも思う。

ただ、本当にこれだけはどれだけ経っても拭えない。
どうせこんなに料理をすることになるのなら、
一度でも、手料理を食べてもらいたかった。
食べさせてあげたかった。作ればよかった。

何から逃げていたんだろう、あの頃の自分は。
料理なんてできた方がいいに決まってるじゃないか。
あんな頑なにならなくたってよかったじゃないか。

……そんなどうしようもない後悔が、今は大きい。
料理中、こういう思考から抜け出せなくなって、
心底嫌になることがたまにある。


まさか料理に関してこんな思いをすることになるとは。
どこでどんな後悔が待ち受けているか、わからないもんだね。


2017.03.09

言葉のキャッチボール

お母さんがいれば人間関係なんてどうでもいいや~。
と、思っていた時から3ヵ月近く経った今、
大学の友達ともちゃんと接するようになった。
以前よりグッと積極的に、感情的になったと思う。
高校の時の友達とも変わらず交流を図ったり、
きちんと他人と関わろうと、個人的には努力してる。
まぁ、やっぱり一人の方が気楽だと感じる方が多いけどね。


感情的な、というか雑談のような話し合いをすると、
自分が如何に女性脳なお喋りをしているか実感する。
話題がコロコロ変わる、結末を引き伸ばす、オチがない、
過程を重視する、付け足し要素が多い……。
仕事の場ではすごく苦労するだろうなぁ……と。
バイト先では結果をいち早く伝えるようわざわざ気をつけるほど。
実はこの話し方は好きじゃないから、特訓したいなとは思ってる(笑)

まぁ友達の中にいると特段そうも意識しないし、
むしろ周りの方が女の子だな~って感じの話し方。
私と話すと議論してるみたいと言われたこともあるくらい。
それでもそんな、バリバリの女性脳ではない私でさえ、
ザ・男性脳を相手にすると、会話がどこかすれ違うんだな。
私が投げたボールを、私は投げ返してほしいのに、
相手は受け取ったあとそのままお片付け箱に入れる。
逆に私が相手から受け取ったボールは、磨くでも変えるでもなく、
相手は望んでいないのにそのまま投げ返してしまう…みたいな。
お互い、求められている聞き役ができていないんだ。
そうじゃないんだけどなぁ…と、たぶん双方感じてる。
お母さんが前から愚痴っていたのもわからなくはない。


いや、それでもですよ。
男性脳女性脳の違いを考慮してもです。
取引先の方でも職場の後輩でもないんだから……。
同居人じゃなくて家族なんだから……。
と思ってしまうのは、私が女性(脳寄り)だからか?
でも同学年の男友達はダラダラ話も聞いてくれるし、
弟だって話の構成がめちゃくちゃでも理解してくれるぞ。

うーん………。あー……?

仲の良い男友達は、女兄弟のいる子がほとんど(特に姉弟の弟)。
男兄弟の人はノリが少し怖くて、こっそり苦手意識がある。
そのせいか、私が慣れてないのかもね、男性脳な会話。

はー……昔、男性脳やら女性脳やら色々調べてたから、
知識としては結構知ってるし理解もしてるはずだけれど、
実際に会話した時の違和感は想像以上だ(苦笑)


おそらくそれ以上もそれ以下もない言葉。
そう思ってはいても、寂しいなぁと…そう、少し、不満なんです。


2017.03.06

はじめてのおかいもの

今日は久々の名古屋ぶらり旅~♪
浪人時代通ってたってのもあるのかもしれないけど、
やっぱり結構名古屋が好きなんだよね私。

個人的にはとても散財した。
いやほんと今回は15000円前後飛んでるからちゃんと散財の域では?
一応言っておくとヤケ買いしたわけではないですよ。
2/3が服代。そう、今日は服を物色しに来たのです。

実は自分一人で服を買うのは初めて………(^-^;
もうファッション関係は面倒の極みすぎて、
いつもお母さん同伴かつ任せっきりだった。
で、そういうわけにもいかなくなっちゃったし、
さすがに最近ヘビロテすぎるなぁと思い、渋々お買い物。

何年か前からお気に入りの服屋で3着ほど。
名古屋まで来てたったの3着……チキンすぎる……。
しかも家に余り余ってるパーカーを性懲りも無く購入。
だ、だって好きなメーカーの新作だったんだもの…( ˊᵕˋ ;)
まぁ基本的にパーカーとジャケットとシャツの組み合わせで、
それらが季節によって厚手になったり半袖になったりするだけだから、
バリエーションが途絶えないように買い足して終わりなんだけどね。


あとは画材やスマホケース買ったりクレープ食べたり……、
お昼すぎから夕方までだったけどかなり充実したショッピングでした。
名古屋土産恒例のマカロンも買ったしね。
今日はプティ・マカロンっていう小さめのマカロン詰め合わせ。


そりゃ名古屋はお母さんと何回も来てるし色んなとこ行った分、
私の行動範囲なんて思い出だらけだから色々思うことはあるけど、
やっぱりパーッと気分転換しないとダメだね。


さて、明日も服を物色しに行く予定だし、
今日のところは早めに名古屋を退散~。
家に帰るのがちょっと楽しみだ。


恐怖のフラッシュバック

別に私自身が好きなわけでもないものでも、
お母さんの好物だとつい目がいってしまう。
何やってんだろうなぁと思いながら今日も、
マウンテンの春限定新作オランジェモカを購入。
スタバのさくらラテの方が気になってたのにね。


みんな、どう過ごしてるんだろうなぁ。

私は正直、思い出すと今でもゾッとするよ。
ほんの10分前まで雑談しながら一緒にアイス食べてた人が、
次の瞬間には脳裏から離れないほどの姿になっていて。
悲しいとか寂しいとかそういう感情の他に、
怖くて仕方がなくなる時がある。たまにね。


この恐怖については弟にしか吐露してないけど、
他の家族にもそういう部分はあるのだろうか。
少なくとも弟はないらしいが…。
これは、唯一最期を看取った私だけのものなのかな。


実は高校の時、親友がトイレで倒れてるのを発見したことがある。
救急車で運ばれたものの、早期だったから大事には至らず。
あの時も私が第一発見者だったから、倒れてる姿を見たのは私だけ。
当時はかなりショックを受けたし、しばらくトラウマになった。
今でも鮮明に思い出せるくらい。(その子とは普通に会うけど)


何ていうのかなぁ、こう、上塗りされた気分だ。
もっと濃い色で、もっと落ちにくい染料で、もっと広範囲に。
しかも偶然にも2件ともトイレという。トイレ嫌いですわ。
私が強行突破しなかったら、より悲惨な結末だっただろうけど…。
親友とお母さんってさぁ……こうも爪痕残る2人ってもう……。
いやそんな2人だから異変に気付いて強行突破したんだけど……。


はー………私は、元気に生きるよ。
健康で丈夫で長生きして、そして安らかに大往生する。
私の愛しく思う人たちが私の最期を思い出す時、
幸せなままの私を思い浮かべてほしいからね。


2017.03.05

衝動買い

久しぶりに食料品以外のお買い物。
まぁいつもと同じイオンをふらふらしただけだけど。

特に目的があるわけではなく適当に文房具コーナーへ。
と………そこで………サーティワンコラボのボールペンが……!
しかも愛用してるSARASA!全8色!
アイスのフレーバーモデルのデザインでめちゃくちゃ可愛い!
でも正直全然使わない色ばっかりだし0.5径だし、
そもそもボールペンとかそんなに使わな……あー……。

………………オカイアゲアリガトウゴザイマシター…………(^-^;
他の文具も合わせて計2000円超……ほぼほぼ衝動買い。
ええ、絶対使わないってわかってました。もうすでにお飾り状態。
服とかでは100%衝動買いなんてしないけど、
文房具となると割と軽く野口さんにお別れしちゃうんだよね。
それでもこういう実用性に欠ける系は買わないようにしてるのに。
昔からスウィーツと文具のコラボに弱いんだよなぁ。
まぁ後悔してないからいいか。。。


その後は花屋へ行って仏花の調達。と、思ったんだけど、
普通の花束(?)のところにすごく惹かれる花を発見。
綺麗なライトグリーンの、少しバラに似たやつ(品種不明)。
ライトグリーンは、私とお母さんが共通して好きだった色。
その店にはその1本しかライトグリーンがなかったので、
仏花ではないもののそれを含む花束を購入。


一人で墓参りをして黄昏たあと、地元の博物館へ。
なんと地元国立大生は全展示無料なのである。
前に来た時はお母さんとあずきバー食べたなぁなんて思いながら、
柚子味とかいう斬新なあずきバーを一人シャリシャリ……。


できる限り割引値引き商品を買う倹約精神で、
食料調達では必要ないくせに切り詰めてるけど、
こういう時に謎の散財をしちゃうんだよねぇ。
いや、食料調達は家計で今日の出費はお小遣いだから、
また話が違ってはくるけども。額もね。

でも、お買い物はストレス発散になる。真面目に。
イライラしてる時に無性に物欲高まるのはこのせいだし、
何かが強烈に欲しいと感じる時は大抵ストレスマッハ状態。
それでも私の散財レベルはいつも3000円前後だから、
これで何かしらのストレスが軽減されてるなら安いものよ……。


何が言いたいかというと結構フラストレーション溜まってる。
正直、完全に私一人だけならね、なんとかなるんですよ。
今の私が乱されるのは他人の行動からの影響だけなんです。
実行性はないけど、こう見えてそこそこな計画人間でして。
だいたい1週間分くらいは頭の中で予定組んであるし、
1人の時も家族がいる時も献立は3日先までは出来上がってる。
で、それをそちらの都合でおじゃんにされるとそこそこイラつく。
前からわかってたのに直前に連絡されると本当に怒りそうになる。
柔軟性がないので~~急な予定変更が苦手なので~~。

よく、「飲み会が入ったから夕飯いらない」ってのを、
明らかに家人が夕飯の支度を終えた頃に連絡することの是非…、
みたいなの見かけるけど、どう考えても有り得ないでしょ?派。
いやわかるよ。付き合いもあるから断ること自体は理解する。
仕方ないねと(イラッとしながらも)受け入れるけど、
それを何とも思っていない人達がいることに心底驚く。
私はお母さんがご飯を用意してくれてた時は、
連絡が夕飯の支度に間に合いそうになかったらお誘いを断るし、
お買い物にも関係するからできる限りご飯の予定は早く伝えてた。
そうするようお母さんから言われたことはないけど、
極々当たり前のことだと思ってた…世間はそうでもないらしい。
「悪いことしたな」と思ってくれているのならまだしも、
どうして不機嫌になるのかわからない人もいると聞く。
別にそういう人もそれはそれでいいんだろうけど、
少なくとも私とは確実に相性悪いから出会いたくないね。


いや、そんなに酷くはないんだけどさぁ。
私は確かに今や家庭を支える的ポジションになってるけど、
お母さんじゃないので?大学生の一人暮らしなので?
さらにこういう性分でありますので??

ホウレンソウを!きちんと!していただきたい!
地味なストレスが重ねられてしまう!
明日お出掛けするけど衝動買いしませんように!笑


2017.03.04

悲劇の主人公

私は今の状況を、周りに黙っていてよかったと思う。
心配されたり気を遣われたりすると悲しみが増す。
一人で抱え込むから直接癒されることはないけれど、
いろんな意味で傷つけられる危険はほぼなくなるし。


おわかりだろうけれど、私は悲劇の主人公タイプだからね。
いやもちろん周りに同情を乞うというわけではなく。
「逆境にめげず強くある自分」に酔う人間。


人生でトップレベルの不幸である親の死も、
完全に自分の心の弱さが招いた浪人時代の挫折も、
自分では本当にどうにもならない進行する不治の病も、
全てが全て、自分像の影の部分として機能する。
″普段は気丈でしっかり者。でも時々哀しく微笑む彼女″
みたいなね。勝手に心の中で思ってるだけだけど。

だから、他人に打ち明けて同情されればされるほど、
悪く言えば調子に乗ってしまうと思うんです。
なんて悲劇的な境遇!憐れな私!って感じで。
上手く言えないけど…要は、ここでの私が現実に出るというか。
別にいいのでは?と思われるかもしれないけど、
私がイヤなのね。実世界で悲劇の主人公感を出すのが。
一時的には救われて良い気分になっても、絶対後悔する。

あと、たぶん負の感情に拍車をかけることになる。
そういう悲劇の渦中にいる自分にのめり込んで、
余計な悲壮感を生んだり哀愁を漂わせたりすると思う。


まぁ、どうしようもなくバレることはあるんだけど……。
できる限り今のままでいいんだよ。
私から打ち明けたい人…甘えられる人には機をみて話すくらいで。
ここで散々、世界で一番苦しみを背負っている感を満喫して、
実世界では少し演じつつ何食わぬ顔で生きていれば。


話し始めたら止まらないだろうから。
タカが外れないよう、堰き止めなければならない。





2017.03.03

お疲れモード

あー………なんかもう疲れましたわ……。
とりあえず宿泊実習お疲れ様……よく頑張りました私……。
すげーーーーーイライラを連ねようと思ったけど、
もうそれすら面倒に……一時保存いき~……。
あ、実習自体はまぁそこそこ楽しかったっすよ。
まだ明日1日研究所見学があるから終わってないけども。

嬉しかったことも嫌だったことも期待も不安も、
全部自分の中で呑み込むしかない。
誰か共有してくれ~~~~~~~~~~~………。


なんてね。誰かじゃねぇよ。
お母さんに聞いてほしいんですわ。
このやろう……マジで助けてくれって思うけど、
助けられんのお母さんだけっていう詰みゲー。
ストレスで胃がキリキリしそう。テスト前かよ。

早くこの鬱消えろ。
誰がどうしても何かが引っかかって受け入れられん。


もう心の口調が出てくるくらいには思考回路停止してるから、
さっさとお風呂入って寝ましょうね(午前1時だが)。


« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »