« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016.11.24

実力

この時期…やはり浪人生から放たれるオーラは重苦しい。
まだどこかふわふわ希望を持ってる現役生とは違う。
なんとなく雰囲気がわかるんだよなぁ、現役と浪人…。
まぁ浪人生は1人で受けに来てるからってのもあるんだけど。

もうほぼほぼ吹っ切ってしまった今となっては正直、
2年前の今頃にどんな気持ちだったのかあまり思い出せない。
ただまぁ、全くもって楽しくも充実してもなかったし、
あの頃の酷い現実逃避具合から察するに、相当キてたとは思う。
色んな意味で、「限界」だったんだろうなぁと。私のね。


それでも、このバイトに携わる度にふと考える。
『頑張ってたら、頑張れてたら、本当はどこまで行けたのか』
いや、実際頑張れなかったんだから本当はも何もないんだけど。
東大京大は絶対無理だな〜と眼中にすらないのに、
その他の難関大だとどうにも往生際が悪くなるのは何でだろうね。
そこには手が届いたかもしれないとどうして思えるんだろ。
たぶん最高B判定までしか出たことないぞ。
決して甘く見てるわけではないんだけど…ただの過信…?笑


はー…それにしてもあれだね。
現役生しか集まらないような時は何とも思わないけど、
浪人生も来るような時にはやっぱり少し感傷的になるわ。
どうか全国の浪人生が、納得のいく結果を出せますように。

2016.11.22

生物学的知見

人間は理性的になりすぎたせいで、
例えば鳴き声が綺麗だとか、尻尾が大きいだとか、
そういう単純な基準で繁殖相手を選べなくなってしまった。
このままだと種の存続ができず滅んでしまう。
だから思考を停止させるために恋をする。
恋は精神疾患なのだ。


という話をネットで見かけた。
ここ最近で、一番衝撃的というかハッとしたこと。
なるほどなぁと…まさに『恋は病』なわけだ。

「相手の好きなところが具体的にはわからないけど好き」
これが本当の恋に落ちたってことなんだよ。
……なんてよく聞くけど、そりゃわからないはずですね。
それがわかってたら恋なんてしないってことか。

恋をすることで理性にブレーキをかける。
よくわからないけどとにかく好き。
あなたをパートナーとして選びたいと、まるで本能のように。


で、これは私が恋する乙女だから話題にしたわけじゃなく。
(むしろ冷めきってるから話題にできるんだけど(笑))
性の多様性について調べてたら面白いのを見つけたって感じ。
精神疾患を患わないと生物としての本能も機能しない複雑な人間が、
未だに「男」と「女」の2種類でしか認識されてないの、
やっぱりどこか無理が出てくるのは当然かぁ。

…いや、逆かな。
「恋」なんていう機能がはたらくようになってしまったせいで、
相手が男で自分が女だからパートナーになる…という他にも、
見かけ上の性別に囚われない様々な選択肢ができた。
「恋」をすれば、誰とでもパートナーになることができるから。
そりゃ大多数が性別に基づいて判断してるわけだけど。
でも例えば背が低い男でも、胸の小さい女でも、
「男らしく」なくても、「女らしく」なくても、
好きになればパートナーに選べるのが人間でしょ。
まぁそれで種の存続に結びつかないのなら、
なんとなく本末転倒な感じはするけど…。


どうして人間以外の動物には同性愛が存在しないのか?
なぜ人間以外の動物は性別違和を感じないのか?
逆に、なんで人間にはこれらが発生するんだ?
ってのはずっと疑問だったんだよねぇ。
「え、同性を好きになるとか…なんで…?」
「どうして自分の性別に抵抗があるの?」
ってマジョリティの人たちは言うけど、
そもそもにして動物からしたら、
「え、なんでソイツ選んでんの…声ガラガラじゃん…
この子一択でしょ?♡ああ美しい声♡素敵♡♡」
みたいな感覚ってことか。


あ、異性愛者が本能的で、同性愛者が理性的だ…
と言いたいわけでは決してないけどね。
ただ、生物全体から見たらヒトほぼ全個体マイノリティ。
そう捉えたら、少しは考えやすいかなって。
……わかりにくいな!自分でも何言ってんの状態!笑

ウーン…わかってもらうのはかなり難しいよなぁ。
私もわからないことだらけだし、偏見もたくさん持ってる。
この問題に携わるのは本当に安易じゃないわ…
と痛感する午前4時。寝ろ私……。

2016.11.17

美しさは罪

全くもってその通りだよなぁ。
色々な意味で人生変わっちゃうよね。

人を狂わせるほどの美しさ……。
男女問わず、綺麗なものには無条件に惹き付けられる。


月や夜桜をバックに、扇を持って妖艶に舞えるような、
そんな感じの美青年が(現実にはいないと知りつつ)好きです。
いやまぁフィクションだからいいんだけど(人 •͈ᴗ•͈)

でも一度でいいから現実世界でもこう、
はっと息をのむような美しい人に出会ってみたいな。
男性でも女性でもいいから。
微笑まれたらそれだけで全身に衝撃が走るくらいの(笑)


とか、スーパームーンの写真を見ながらふと考える安定の深夜3時。
寝なさい。

2016.11.14

配色、構図、テーマ…
小さい頃から絵(と言っても落書き程度)を描くのが好きで、
鉛筆と紙で表現すること自体はもう10年以上になるけれど、
やはり超えられないものがあるよなぁと思う。

少し前までは、私の努力が足りないんだろうと、
「絵がうまい」人はもっと時間を積んでるのかなと、
ずっとそう思ってきたけど。いやそういう部分も大いにあるけど。
それでも、たぶん、才のある人は違うんだろうね。
って思いたいだけかな?あの人が凄いだけで、私は普通。
私が練習をしても上達しない無能だとは認めたくないだけ?
まぁ芸術なんて一概に上下つけられるものじゃないし、
自分が良しとすれば良い話なんだけど……。

自分の描きたいものを描ける人は、凄い努力をしたんだろうか。
人を描く時に、身体の立体構造や服の複雑なシワ、
表情筋の動きや心理的な背景まで勉強したんだろうか。
もし、これらを熟知したからこその腕前であるのなら、
それはもう私の努力不足というか認識の甘さとしか言えないけど。

でも、才ってのは単純に「人を描く」ことだけじゃない。
その人をどう魅せるかというのも重要で…。
表情、服、角度、ポーズ、背景、エフェクトetc、
こういったものは、修行して何とかなるものではない気がする。
それとも私の技術が拙いからそう思うだけ???


ん〜、無い物ねだりは良くないなぁとは思いつつ!
というか本当に欲しいならもっと力を入れるべきだしね。
ノルマを課すとか、ちゃんと知識をつけるとか。
大した努力もしてないのに言うなって怒られそう(笑)
10年足し算の練習をしてても微分を解けるようにならないのと同じ、
年数だけ重ねても内容が低レベルだったら進化しない。
………けどな〜〜…………たかが10年されど10年ですわ……。
同じ絵を描くでも、人が主体じゃないような、
違う方向にだったら才能がないわけではないと思うけど。
どうしても無い物にばかり目がいく…なかなか難しいねぇ。


さて、ココア飲み終わったし寝ようかな。

2016.11.13

防衛策

落ち込んでる時は無理にでも笑顔を作るとイイと聞いたことがある。
調べると色々理由はあるけど、信憑性のほどはわからない。
逆に「あーつらい無理」って言葉に出す方が気が晴れる人もいるし。

頑張ってるのに上手くいかない、頑張ったのに失敗した時に、
「もっと頑張らなきゃ…もっともっと…」と頑張りすぎる人は、
ストレスを抱え込みやすく、精神を塞ぎやすいとも聞く。
これもまぁ、人によりけりだとは思うけどね。
自分を追い詰める人もいれば、ヤル気120%になる人もいるし。

ため息についても然り。
辛いときにため息をつくと鬱な気分を増長させる…とか、
逆にリラックス効果があるから我慢しない方がいいとか。


私は、落ち込む時なんてまぁだいたいお外だから、
車とかチャリとかの帰り道、ペシっと頬に気合い入れて、
思いっきりため息…というか深呼吸並に息を吐き出した後、
「しっかりしなきゃ!」「頑張ろう!」と声に出して、
最後に無理にでも笑顔を作る…のが一連の私流ファイト一発。
笑顔の時はなんかこういろんな少年漫画の主人公を連想して、
やってやる!って挑戦的な感じを醸し出すのがポイント(厨二)。


効果があるのかはわかりません。
これでなんとなく前向きな気持ちになる時もあるし、
やっぱりもやもやが消えずにテンション上がらない時もある。

ただ私の場合に言えることは、マイナス感情を言葉に出したり、
表情を固くしたまま考え込んだりしても解決にならないってこと。
いやあのファイト一発をしても解決にはならないけども。
でも少なくともただ落ち込むよりかはマシな気がする。
脳なんて案外簡単だから、状況さえ満たせば騙せるのかもしれない。


そして私も単純だから、褒められたり認められたりすると絶好調、
ミスを指摘されたり劣等感を感じたりすると急降下。
最近ちょっとわかってきた、自分のイラつきパターン。
いちいち落ち込むのもアホらしくなるようなスイッチ。
落ち込みまくってどんどん深みにはまっていくより、
さっさとファイト一発して切り替えた方がいい。

気分下落→ファイト一発→復活アゲアゲ を繰り返してたら、
反射みたいにこの流れが刷り込まれたりしないかなぁと思うこの頃(笑)


余談だけど、ケアではなく予防策も一応ある。
人の言う事をいちいち律儀にマに受けないこと。
アーハイソーデスカースミマセンネーくらいに聞き流す。
いや忠告を無視するとかそういう意味ではなく。
自分に余計な負担をかける必要はないってことさ。
まぁ前までは真摯に受け止めてたのかというと微妙だけど。
怒られた、指摘されたこと自体には基本ムカついてるから(^-^;


とにかく、自分が資本だからね。壊れたら元も子もない。
どんな方法であれ、自分は護らないと。


2016.11.11

(´-`).。oO(無題)

さっきから記事を書いては消してを繰り返してんだけど、
何やってんだ私。深夜3時。

ネタはいくつかあって、割と長々書いたのもあったのに、
なんか今日は何を書いてもしっくりこない……。
たぶんとても眠い(笑)

んー、平和だなぁ。

と、同時に、嵐の前の静けさみたいな感じ。
別に何も危惧するようなことないけどね、なんとなーく。
冬休み前に1回くらいガンと大きく気落ちしそうな予感。

そうならないように早めにレポート片付けましょう( ・ᴗ・̥̥̥ )

更新削除サイクルを断つべく、とりあえずおやすみ。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »