« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016.03.29

運命の輪

自分から離れていったものは、自分にとって不要になったもの。
人や物に限らず、想いや信念もまた然り、なのかな。

良いことも悪いことも長くは続かない。
また、どちらもその流れを制御することはできない。

求めたことで与えられるものが、良いものだとは限らない。

まぁ、そんなことを思って日々過ごしてるわけじゃないけど。
今更この現状を悔やんだりしない。
これはこれで、今しかできないことではあるから。


運命は全て必然。受け入れるしかない。らしい。
もっと努力してたらとか、もっと積極的だったらとか、
その「もしも」を実行する自分なんてのは元より存在しなかった。

この先もそう。
いつどこで何をしようが、それをする以外の自分は存り得ない。
なんか小難しい哲学みたいになったけど、
要は、どれほど後悔しても心配しても、
なるようにしかならないし、なるようにしかしない。

「運命」のせいにしてしまった方が、幾分かラクでしょう?

2016.03.24

孤高を誇る厨二病じゃないけど、
他人と接すると気疲れして仕方ない。

どうして私はこんなにも周りに気を遣ってるんだろ。
相手は絶対そんなに深く考えてないのに。
些細なことにさえいつも勝手に思い悩んでしまう。

もしかして、みんなそれなりに葛藤はしているが、
オモテには出さないようにしているだけなのか。
それとも、私の周りにいる人達が、
他人のことを考えてなさ過ぎるのか。

私も相手には伝わらないようにしてるし、
絶対的に配慮できているとも言えないから、
真相はわからないけど。

まぁ、何かと杞憂が過ぎるだけかもしれないしね。


夢現

帰国から約10日……
シドニー留学がはるか昔のように遠く感じる。

何が変わったかというと、結局のところさほど変わってなくて。
確かに認識は変わったけど、意識はと言われると……
堂々と「変わりました」とは言いきれない。
でも、これは言いきれる。行って良かった。
見て、聞いて、話して、触れて、
たくさんの物事を知ることができた。
この経験は絶対に大きいし、きっと私を助けてくれる。

ただ……あのテンションもヤル気も何もかも、
まるで演じていただけかのような、そんな感覚。
まぁ、実際そういうところがあったとは思う。
3週間限定だったから、充実感を得られた。
夢は、短くて、側面的だからこそ、心地よい。


新学期、また、大学生活が始まる。
正直な話、全くもって楽しみではない。
(講義は少し楽しみだけど。)
現実に引き戻されなきゃいけないから。
人はそう簡単には変われないし、ここでは変わる気もない。


オーストラリアと日本……夢と現。

まだ、醒めないでいてほしいのに。




« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »