« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016.02.17

friend

こことは価値観の違う世界を体験してみたら、
今グルグルしてることもちっぽけに思えるんじゃないかって、
そう思ってるんだけど、どうかな。

自分を肯定できるようになって、
ちゃんと向き合えるようになったからこそ、
周りとの関係を考え直してしまう。

私が悪い、わけじゃない。
友達ってそういうものじゃないよね。

うん、違うよ。
少なくとも、私の望むカタチではないんだ。

2016.02.16

あと少し

期待と不安……
近付くにつれ、やっぱり不安の方が大きくなってくる。
考えても仕方ないし、どうにもならないんだけどね。
特に何がってわけじゃない、漠然とした怖さ。
最近夜にイマイチ眠れない原因の一つにもなってると思う。
あー、この調子じゃ朝ちゃんと起きれるかどうかの方が心配だ。笑

2016.02.07

再起点

大学入学してから、12月前半くらいまで。
ずっと鬱々とした気分が抜けなくて、
何をするにも楽しめないし、楽しもうと思えないし、
楽しいことが考えられなかった。
今考えても、2015年は全体的に病んでたと思う。
特に何かあったわけでも、あるわけでもない。
それなのに何故かすごく辛くて苦しくて逃げ出したかった。
早く1年間過ぎればいいのに。いっそ4年間終わればいいのに。
なんて、責任転嫁しては、意味もなく憎んだ。
「何を悩んでるんだ、馬鹿らしい。
そんな暇があるなら何か始めるなり、行動起こしてみろ」
周りはきっと、こんなふうに思ってただろうね。
というか実際何人かにそう言われたし。
それでも、どうしても、何もできなかった。
まだ若いんだからとか、希望に溢れてる時期でしょとか、
傍から身勝手なこと言わないでって、
私には私の苦境があるのって、塞ぎ込むしかなかった。
開き直りかけては、ぐっと深く沈む。
『どうせ誰も理解してくれない、こんな心を』
ツラかった。ひたすらに。



12月前半のある日、精神的に落ち込みすぎて、
溜め込んでたアニメを深夜につい一気見。
たぶん、ただの現実逃避のつもりだったんだと思う。
2時間半、最後らへんは、ボロボロ泣いてた。
確実にあの時、あの瞬間、変わった。
それはもう、何か憑き物が落ちたように、
曇天が徐々に晴天へと移り変わるように、
今までの陰鬱な気分が消え去った。
本当に、本当の話。


吹っ切れてからは、去年みたいな鬱は襲ってこない。
楽しめる。楽しいことが考えられる。
やってみようと思える。行動できる。
嬉しい。泣きそうなくらい、幸せだ。
テスト期間はそりゃツライ。苦手な科目からは逃げたい。
でも、だからって、自分を否定したりしない。
やりたいことがある。楽しそうなこともある。
『去年は勿体なかったな、だから今年は頑張ろう』
気持ちが軽い。心做しかフットワークも軽い。
前より周りが見えるし、ちゃんと話せるようになった。
いや、正確には、仲良くなろうと思えるようになった。


アニメ自体の効果もあるだろうけど、きっと、
それはたかが小さなキッカケに過ぎなくて。
きちんと自力で乗り越えたのだと、自尊心を抱いてる。

開けてからは、こんなにも違う。
本当の本当に、世界が違う。


相変わらず色々雑だし抜けてるし、
特技もないし家事どころか生活能力皆無だし、
少し運動したり立ち作業が続くと脚が痛くなる。
やれることなんて、2ヵ月前の自分と全然変わらない。
でも変わったよ。うん、変わった。


もう大丈夫。今度は、支える側になれる。
太陽が曇ってちゃだめだよね。
明るく光と熱を放たないと。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »