2018.04.10

期待

昔からよく「期待」される子だった。
「ノロロちゃんは頭良いでしょ」
「ノロロさんならできるでしょ」
点数を公開したわけでもなく、まだ何も披露していない。
私のことなど全く知らないであろうほぼ初対面。
第一印象は必ずと言っていいほど「真面目」「優等生」。
それは今もそこまで変わらず、明らかに初見での期待値が高い。


でも昔とは違い、それが買い被りだと知っている。
「なんだ、この子は見た目ほど優秀ではないのか」
と落ちる瞬間が、過程が、なんとなくわかる。
私は本当に本当に普通の人なんだと、20年かけて理解した。

それと、前述と少し矛盾するようだけど、
自分で思うほど周りは私に期待をかけていないということ。
私は言葉を額面通りに受け取ってしまうから、
私に何か優れたことを期待しているのだと思い込んできた。
相手の何気ない一言をずっとずっと真に受けて、
その「期待」にそわなければとくそ真面目に考えてきた。
人は必ずしも言葉通りに期待しているわけではない。
これも20年かけてやっと理解したことの1つ。


与える印象と実際の能力の差が埋められず、
なかなか期待に応えられないことに落ち込む。
いつか見限られるかもしれないとビクビクする。

ただの社交辞令を、決まり文句を鵜呑みにしていたが、
いざ蓋を開けてみれば自分に期待してたのは自分だけ。
発言した張本人は私に特別を求めているわけではない。


そんな中、お母さんだけはいつでも本気で期待してくれた。
お母さんも私と同じく冗談の類があまり好きではなく、
期待していないことには「期待」を口にしなかったから、
本当のところはわからないが少なくとも私はそう思っていたから、
安心して「期待」を背負った。誇りを持って期待された。
実際の能力や言葉の重さは違うと知ってからも頑張れた。
つまり私の原動力だった。


でも、私に一番「期待」してくれた人のいない今。
こうなって初めて、私は本当に普通の人なのだと、
期待されないと向上心も持てない自堕落なのだと思い知る。
今まで掲げてきた目標も必死で守ってきた見栄も、
誰かの期待が無ければ維持出来ない。
ただ期待に応えたいだけの、主体性の無い人。

もちろん「頭一つ飛び抜けて優秀でありたい」のは本心で、
それに向けてある程度の努力は惜しまないが、それだけだ。
大人になって「諦め」を学んだと言えなくもないが、
それを甘んじて受け入れているのは期待されていないから。
私が特に飛躍しなくたって、むしろ落ちたとしたって、
「なんだ、期待外れだな」と思われないのであれば、
頑張ることへのモチベーションが上がらない。


あぁ、最低な気分だなぁ。
普通以下と思われること自体は受け入れ難いが、
自分のためだけに優秀を保てるような気概はない。

このままそこそこで満足する自分に成り下がるが先か、
自分のために一念発起して奮い立つが先か……。



2018.04.05

萎え〜、、、

春休み後半、深夜0時前には寝て朝9時には起きる。
そんな素敵な早寝早起きたっぷり睡眠生活を送っていたからか、
4月から肌の調子がものすごく良い。肌荒れ皆無ぷにぷに。
いやぁ肌に自信があると人に会う億劫さが軽減されてイイネ!

って感じだったのに、ココ最近PMSのせいで不規則睡眠。
常にズーンと重くたまに痛みがくる…というのが数日続く。
せっかく続いてた良い睡眠サイクルもぶち壊し。
寝付けないし眠りが浅いし昼間に異常な眠気があるし。
またお肌の調子も元通りか…と思うと何もかも最悪。

実は生理前および生理中の絶不調は今回に限ったことではなく、
半年前から立ち上がれない程の激痛や吐き気に至ること数回。
さすがにこれ以上日常生活を乱されてはたまらないわ…、
というわけで、今日初めて婦人科を受診した。


一通りの検査をしたところ、一応病気の類ではない模様。
生活習慣を改善しても悪化の一途を辿るのは謎だが、
とりあえずは低用量ピルを服用してみることに。
まぁ効果が現れるのは来月からなんだけど。
この最悪な気分や体調とも今回でサヨナラかと思えばまだ、
まだ……いや最悪だけど……最悪だけどマシ、なわけないな……。
お手本のように素晴らしかった睡眠サイクルを返せよ……。


で、低用量ピル。
3週間分で2400円。診察料と合わせたら約3000円/月。
確実にコンスタントに飛んでいく。地味に痛い出費。
別に快適になるわけじゃないんですけど???
マイナスをゼロにするだけなんですけど???
人並みの、普通の人が送る生活になるだけなんですよ????
5日間の鈍痛と吐き気+寝込むほどの激痛+1週間以上の不快感
で大体一月のうち3分の1くらいが不調な体を整えるだけ。
本当にそれだけ。

それでも月1がなくなるわけではないので男性と同じではない。
くそ…男共デフォで1年中ケロッとしやがってムカつく…
とか荒むくらいには、女性ってだけで生きるのが負担。
たった月3000円で強制不調に陥らずに済む!ヤッタ!
って言ってもそれは男性の「当たり前」で。
スタートラインに立ったに過ぎないんだよなぁと思うと激萎え。


男性にももちろん色々あるんだろうけどさーーーーーーー
身体の波に一生振り回されたりはしないじゃんーーーーー
ホンッット人間の進化を恨む。
頭悪いこと言うけど先祖は馬鹿なんだと思う。


ウーーーーーー心が荒れてるなーーーー?
そりゃそうだ…せっかくのせっかく最高な生活送ってたのに、
鈍痛で眠れないわ寝不足になるわ肌荒れしそうだわ、、、
あと普通になるためだけに月3000円飛ばすやるせなさよ。
コラーゲンやビタミンCでも含まれてればいいのにね。
(。•́︿•̀。)(。•́︿•̀。)(。•́︿•̀。)

2018.04.04

学生と社会人

たまに覗く、中高時代の同級生たちをフォローしてるTwitter。
今週からかなりの人が新社会人になったようだ。

なんか本当に、こう……………焦る…………(^^;)
浪人してた時と同じ感じ。置いてかれた気分。
いや実際置いてかれてるんだけど。


私はといえば就活組ではないのに多忙な春休みで、
毎日研究室に通いほぼ栽培と実験詰めな理系ライフを送った。
「春休みってなんだよ……(- - #)」
とプスプスしていたが、まぁ所詮自由な身。
毎朝早くに起きて仕事して夜に帰るなんてわけではなく、
昼前あたりには来れる程度に適当に起きて、気分で帰る。
同じ22歳なのにこの違いよ。
浪人と大学生よりも大学生と社会人の差は大きい。重い。


ぁあ〜〜〜、なんというか、子供だなぁ私は!
まだ大学生だとかそういうレベルじゃなくね。
こんなことで引け目を感じるところとか。
本当に、どれほど狭い世界で生きてるんだろうね。

私は私なりの人生を歩んでるんだって、堂々とすればいいのに。
浪人したのも、進学を決めたのも、私が選んだ道なのに。


私が社会へ出るのは、早くて3年後。
その時みんなは社会人4年目。
ちょうど新人の指導係とかになる頃合じゃ、、、笑

その頃には、せめて今よりは広い世界で生きてるといいなぁ。

2018.03.04

オムライスを見ると、お母さんを思い出す。
「おいしい」とも、「ありがとう」とすらも言わなかった、
それが最大の後悔なるなど夢にも思わなかった私も、思い出す。


おそらくPMSなんだ。
ホルモンバランスが乱れてるから涙腺も馬鹿になってるんだ。
ここ最近、アンナチュラルやFINAL CUTで泣くことはあっても、
自分の思い出に感傷的になって泣くことはなかった。
きっとタイミングが悪かった。
心身の不調と涙の引鉄が重なってしまった。

だから、久しぶりに大泣きした。


新学年になって、また目まぐるしく環境が変わる。
楽しいこと嫌なことどうでもいいこと、話したい。
お母さんと話したい。
たった1年と少し前までは当たり前だったことじゃないか。
どうして今はできないの。
どうして一生できないの。

キッカケこそオムライスだったけど、
そんなことまで考え出したら止まらなくなって、
寝ようと布団被ってから早1時間経ってしまった。


シンプルに、「頑張ってるね」って言ってほしい。

でも、こんなのがこれからも続くのかと思うと、もう、

消えちゃいたい。


一通り泣いて落ち着いたら、たぶん大丈夫なんだけど。
やっぱり命の母ホワイト買うべきかなぁ。

2018.03.01

上位5%の徒然

中学の同窓会(?)に行く夢を見た。
懐かしの人が出てくるのはたいてい高校までで、
中学以前のメンバーを夢に見るのはものすごく珍しい。


正直なところ、中学時代は一番戻りたくない。
嫌な思い出やトラブルがあったとかそういうことではなく、
私の今までの人生の中で一番「格差」があったから。

価値観の違いとか性格の不一致とかの類ではなく、
「学力」、「教育環境」、「生活水準」の差。
成績上位5%、祖父母の代から国立大出身の家系。
故に勉強への熱心さ、家庭内での教育の価値または質、
そういったものを中心に、周りと話が合わない。
悩みの種類が、次元が違う。共有や共感が成り立ちにくい。
別に見下しているわけではなく、ただただ純粋に、
生きてる世界が違うんだなぁという話。
言ってしまえば窮屈だったんだ。
全く異なる世界観の混沌とするあの空間が。


で、ここまでは「中学時代に戻りたくない」というお話。
中学時代の人達に会いたくないというふうには繋がらない。
みんなあれからそれぞれ人生経験を積み、
おそらくお互いに人として成長したであろう今なら、
学力・教育関連の格差など二の次三の次なのだと思う。

が……実際に同窓会があったとしても、たぶん行かない。
今度は、私に問題がある。
私は自分自身のキャリアに納得できていない。
まだそんなことを引きずっているのかと思われるだろうが、
今まで勉強に重きを置いてきた私にとっては、
学歴コンプレックスはそう簡単に拭えるものではない。
あまり出身大を名乗りたくない程には拗らせている。
たとえ、世間から見たら上位5%に変わりないとしても。

これの何が問題かと言うと、
未だにこんな歪んだ価値観でしか物事を測れない、
未だにこんな狭く小さな世界でしか生きていない、
そんな自分を、みんなに披露するのが情けない。
さらに中学時代交友のあった人達は、私以外の全員が、
地元を出て、新たな道を進み、多様な世界に触れている。
私だけが酷くオコサマなようで、圧倒的に未熟なようで……。
そんな思いが渦巻く。なんとなく躊躇ってしまう。
つまり、どうしようもなくつまらないプライドが邪魔をする。


まぁ、実際に会ってみたら特に気にならないんだろうけど。
そもそもそんなことを気にしているのは私だけだ(と思う)。
「上昇志向が強い証拠、それが無きゃノロロちゃんじゃない」
と、弟には評されているものの……本当、扱いにくい矜恃だ。


同級生はこの4月から就職。
もう流石に大学より先の進路まではわからないけれど、
私の想像の遥か先で頑張ってるんだろうなとは思う。
実のところ、みんなが私に会いたいかどうかもわからない笑
幼かったとは言え色々あったわけだし(私目線だけど)、
それこそ色々な出会いを経て、刺激を受けた皆さんが、
今更私とお話ししたいことがあるのかというと……??
特に会いたい人でなくても仕方ない???笑


まぁ、何だかんだ書いたけど、また会えたらいいよね。
と思えるような、懐かしい夢でした( ˘ᵕ˘ )


2018.01.21

君の膵臓をたべたい

『君の膵臓をたべたい』
衝撃的な結末。このタイトルに、あなたはきっと涙する。
と、少し前に世間を賑わせていた作品。
漫画で知ってたけど、今日映画も観たので改めて所感を。


誰しも平等で、全ての人の1日の価値は同じ。
どれほど語られてもなかなか実感できないことを、
嫌でも突きつけられる作品だと思う。
たとえ私が今の境遇にいなかったとしても、
恐らくは色々と考えさせられたに違いない。

私と同じく臼蓋形成不全だったお母さんは、
(遺伝性なので正確には私が受け継いだ形)
亡くなる4ヶ月前と半年前の2回、手術を受けた。
経年劣化の激しいこの病症により歩行困難になりかけたから。
内容は簡単に言えば股関節部位に補助器具を入れ込み、
関節の稼働をスムーズにするといったもの。
術後しばらくは激痛の残るこの手術に2度も耐え、
秋頃には「今までの痛みが嘘のようにラクに歩ける」と、
「色んな場所へ旅行してみたい気持ちを取り戻した」と、
そんなようなことを嬉嬉として零していた。

主人公と同じように、私は甘えていたんだ。
やっと痛みから解放されて、生き生きとし始めた母は、
これからはもっと自由な人生が待っているのだと、
これからはもっと色んな場所へ一緒に歩いていけるのだと、
そんな甘えを。
明日が来る保証など、誰にもないのに。


もうひとつ、この作品で大きな核となるのは、
「全ては運命ではなく、それぞれが選択してきた結果。
私たちはお互いの意思で出逢ったんだ」という話。
正直、なんて救いのない考え方なんだろうと思った。
『運命』として逃げた方がずっと気楽なはずで、
だから多くの人がカミサマに縋ってしまうわけで。
過去現在未来の全責任を自分で背負うなんて、重いもの。
「今」をつくったのは他でもなく自分自身なんだと、
わかってはいても、良くも悪くも残酷な言葉だ。

きっと、いや絶対に、もっと『最善』があったはずだと、
1年経った今でもまだ、苦しい思いに囚われ続けている。
他人の命を奪った監獄囚や病室を占める老人たちは、
異変があればすぐに最適な治療が施されるのに、
どうして救急車で1時間も放置されなきゃならなかったのかと、
そんな非生産的な憤りを感じて仕方のない日もある。

でも、そう、これらは全て私が選んできた結果であり、
当然ながらお母さんが選んできた結果でもある。
「今までこの世界で生きてきた全ての人の選んできた結果!」
と言い張れば『運命』のようにも聞こえるが、
残念ながら私も、そこまで『運命』には頼れない。
自分で自分の首を絞めることになっても、向き合うしかない。


『君の膵臓をたべたい』
解釈は千差万別だと思うけど、私は良い作品だと思う。
こんな言葉を贈りたいと思うような人に出逢えたらいいね。


このブログの常連の人も、通りすがりの人も、
私と出逢ったのはお互いの選んできた結果。
それを『運命』と呼ぶかは人によるだろうけど、
どんな名前であれ、良い選択だったら嬉しい。
いや、良い選択になるように生きたいよね。
「また今度」があるとは限らないからさ。


2017.12.19

女性性の枷

私はトランスジェンダーの類なのでは…?
心は男だと思ってるのでは…?
と、悶々とし始めたのが思春期真っ盛り高校生の頃。
中学生までは漠然と「女の子っぽい格好が嫌だ」と感じてた。
10代の私はこの違和感嫌悪感の正体を分析できなかった。


ずっと考えてきて、まぁハッキリとした答えは出ないままだけど、
今は「自分を女性性で評価されたくない」に落ち着いている。
同性愛者ではないし、男になりたいわけでもない。
最近は自己評価もそれなりに向上しているが、
「自身に女性として価値を見出されること」が耐えられない。


例えば、『女性だから受付やって』みたいな。
私が受付に関してものすごくスキルを持っていて、
群を抜くほどの受付スペシャリストなら問題ない。
しかし実際は、受付など他の(男の)人でもできる仕事。
私は私の「能力」を評価されたわけではなく、
私の「女性性」を買われたに過ぎないというわけだ。

このバイトは本当に性差など関係なくできる仕事。
だから私が職場で紅一点だろうと困ることもないし、
周りにだって何の支障もないはずなのに、
『女の子がノロロさん1人じゃ大変でしょう』と。
つまり、本来平等に仕事ができる環境であるはずが、
女性にしかできないor女性に任せるべきとされる場面がある。
さっき挙げた受付が数ある例の1つ。ああいうもの。
そしておそらく逆の、男性がやる仕事もあるのだと思う。
私には振られないから気が付けないだけで。

とにかくこういった、「私に能力があるから」ではなく、
「私が女性だから」評価されるorされないことが非常に不愉快だ。
年配であればあるほど、何の悪気も他意もなく、
当たり前のように女性性を押し付けてくる。

だから私はずっと昔から、親戚の集まる席でのお茶配りや、
「花嫁修業」やら「女の子は程々の学力がいい」やら、
私が女性だから降りかかるステレオタイプが心底嫌いで、
その嫌悪感がトランスジェンダーへ錯覚させたのだと思う。

根強い性差別の蔓延る日本でなければ違ったのかもしれない。
20代になってから様々な意見を聞いてきたけれど、
本当、日本社会に対して絶望しちゃうよね。
嫌になるなぁ。ニュージーランドにでも移住したいくらい。


と、半ば怒りに任せてここまで書いたけど、
やはり同世代には新しい風が吹いているな!
未来は明るいな!というエピソードもちゃんとある。

バイト先で社会人の方から、おそらく本気で悪意なく、
『ノロロさんの容姿が好み、好き』
といったお言葉を頂いたことがあった。
相手は冗談半分だったもののどう返していいかわからず、
全くいい気はしなかったが苦笑いで流そうとしかけた時、
二つ上の男の先輩が、『それセクハラですよ』…と。
まさか男性側からフォロー頂けるとは思ってもみなかったから、
もうとんでもなく驚いたし、すごく嬉しかった。
あ、もう新しい意識に切り替わりつつあるんだなぁ、
これからそういう時代を生きていけるのかなぁってね。
ちなみに社会人の方も驚いて、ちゃんと謝ってくれた。笑



これからは「女性」ではなく「私」として評価される、
性別が女性だからといって女性性を押し付けられない、
そんな世界になるのだったら、もしかしたら、
私はこの違和感や嫌悪感から解放されるのかもしれない。
生まれてからこの方ずっと枷になっているコレが、やっと。

早くそんな日が来るといいな。
いや、そんな日をいち早く迎えるために、
少しずつでも、まずは一歩でも、何か行動していこう。


2017.12.13

胸中

苦しい時に、どうしてもつらい時に、
「気落ちして仕方なかったんだよね!寂しかったんだよね!」
ってのを理由にご飯を食べに行く仲。
自分からお母さんのことを話した貴重な2人のうちの1人。

かなり急な呼び出しになんとか時間を空けてくれる。
毎回奢ってくれる(こちらとしては不本意だがあちらが頑固)。
送迎は私の運転で、私の手荷物を持ってくれる助手席の君。
いつも大体数時間はお喋りが続く。
他愛ない世間話、昔話、自分の話、将来の話。
回を重ねるごとに内容は深くなる。
まぁ、記憶力がないのかそもそも興味がないのか、
以前話題に出たことをあまり覚えてはいないようだけど。
そこはもしかしたらお互い様かもしれないので言及しない。


お互いなんとなく察してはいるけど頑として動かない。
「好きだけど付き合いたくない」同士の距離感。


でも、じゃぁねのあとに私だけ悶々とするのは癪だから、
私のことをたまに考えながら北海道一人旅すればいい。
backnumberを聞いてふと私との会話が過ぎればいい。
オーストラリアのポスターを見るたびに思い浮かべればいい。
ちょっとした日常で、私のことを思い出せばいいのに。


なんて、スッキリ目覚めた朝から小っ恥ずかしい胸中語り。

はーーーー……。
どうして通話って録音機能と連動してないんだろうね…。


2017.11.14

iPod

ウン百年ぶりに部屋の片付けをしてたら、
中学生の頃に使ってたiPodが出てきたので充電してみた。
なんと普通に使える…音の性能はだいぶ悪いけど…。
昔のデータもまんま残ってたので少し感傷タイム。


時は2010年。

弟の動画。12歳当時の顔と声。
か、かわいい……いやほんと、かわいい。我が弟ながら。
あの時はこんなに可愛かったのに……なぁ……ぁぁ……。

続いて私の動画。いうて声だけ。
びっくりするほど声低くてびっくりしたよね。
え、今と変わらないじゃん…中学生の頃からこんな??
お世辞にも可愛げのあるとは言えない声質だったの??
と、改めて落ち込む。笑

そしてお母さんの動画。
7年前はやっぱりちょっとだけ若いかな。
でも変わってないね…と思いながら、泣きそうになる。


最近、寒くなってきたから。
それと共に、予想はしてたけど、安定しない。
前みたいにざわざわすることが多くなった。
ものすごく心が乱れてるなぁと自分でも思う

ああなんか本当、どうしてかなぁ。
考えても気落ちしても仕方ないのよな…。
わかってはいるけど、どうしようもなく気が沈む。


未だにフラッシュバックに悩まされ続けていて、
たまに物へ八つ当たりしてしまったりもする。
これももうどうしようもない。
目に、脳裏に、嫌という程に焼き付いてしまっている。
一番苦しい。
少しずつ思い出を振り返ることにも前向きになってきたけど、
これだけはずっとずっと辛い。
私しか知らないあの数時間は、最も消し去りたい記憶で、
おそらく最も消えることのないであろう記憶。
時が癒してはくれない。
どれほど記憶は美化されるものでも、絶対に。


と、何となく頭が痛いのでここで中断。
近頃頭痛の頻度が高いせいで薬が必須……。
何の関係もないと思いたいけどねぇ…。

では、おやすみなさい。

2017.11.02

堪忍袋の緒

普通に、常識的に、

インターホン10回以上鳴らした挙句、
名前を大声で連呼しながら窓をガンガン叩くって、

どう考えてもおかしいでしょ。


確かに車も自転車もあった上にリビングの電気ついてたから、
家にいることはほぼほぼ確定的だったんだろうけど。
いるからって100%対応できる状態だとは限らないし、
出たくない時や会いたくない場合だってあるじゃない。
こちらが頼んだ配達屋ならともかく、アポ無しで来ておいて、
こちらの都合お構いなく顔を出せってものすごく自分勝手よな。


あまりにもしつこいから耐えかねて、
「何?そんなに急用?寝てたんだけど…💢(※本当)」
と応対したら、
「寝とったん?ごめ〜ん」
……いやほんと、色々とツッコミたい。
私が何も無いのに居留守決め込んでたと?
逆に何も無かったら絶対出なきゃいけないと??

しかも水曜日の夕方5時過ぎ。
この時間帯はバイト前の準備でバタバタしてるか、
バイトがもっと遅い時間帯の時は仮眠タイムに充てている。
これはもう4月頃からずっとそうしていて、
ほぼ毎週のように水曜夕方は忙しいと伝えてきた。
なのに、私が確実に家にいるからなのか、
私の都合お構いなしに毎度押し掛けてくる。

以前にも、私がまだ寝ていることを把握していた上で、
朝早くからインターホン連打&名前連呼。
どうして世の中には安眠妨害罪がないんです?


もう流石に、腹に据えかねる。
1から10まで私のことを微塵も考えてなくて驚くよね。
よそ様にも同じことやるのかアンタは。
身内だからって許されると思ってんじゃねぇぞ。


それに、それにさぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
ここでは言わないけどほんっっっとに苛付く。

せめてもう少しでも、私にも配慮してくれ。
いや配慮しろよ。ストレスかけられる身にもなれや。
ある日突然シャットダウンされても知らないから。
数本の細糸でギリ保たれてるレベルよ、堪忍袋の緒。


ねぇほんとマジでちょっと、無理。


«バースデーイヴ